ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》フロルデリス容疑者逮捕=夫の殺害命じた容疑で=下議の議席剥奪の2日後に

《ブラジル》フロルデリス容疑者逮捕=夫の殺害命じた容疑で=下議の議席剥奪の2日後に

自宅で逮捕されたフロルデリス容疑者(Twitter)

 13日、11日に下院議員の議席を剥奪されたフロルデリス容疑者が殺害容疑で逮捕された。13、14日付現地紙、サイトが報じている。
 フロルデリス容疑者は13日18時40分頃、リオ州ニテロイ市の自宅にいるところをリオ市警によって逮捕された。
 フロルデリス容疑者の逮捕は、2019年6月16日に起こった、同氏の夫で牧師だったアンデルソン・ド・カルモ・デ・ソウザ氏の殺害計画に関する嫌疑が原因だ。事件の2日後には、二人の養子のルーカス・ドス・サントス・ド・カルモ容疑者が殺害実行犯として逮捕されたが、捜査の結果、殺害命令を行ったのはフロルデリス氏で、不倫への復讐としてアンデルソン氏の殺害を企てたとの推測が固まり、2020年8月24日にリオ州検察局がフロルデリス氏と10人の容疑者を起訴していた。
 フロルデリス氏はこれまで、連邦議員の不逮捕特権によって逮捕を免れていたが、起訴から約1年後の8月11日、下院が7票対437票の圧倒的な大差で議席を剥奪したことで、わずか2日後の逮捕となった。

 フロルデリス容疑者は2019年に下議になる前は、ゴスペル歌手として知られ、アンデルソン氏とともに、牧師としても奉仕していた。逮捕直前にはファンに対して、SNSを通じて、「やっていないことのためにこれから逮捕される」とのメッセージを送っており、逮捕の際には聖書を抱えたまま、連行された。同容疑者は当初、リオ市北部ベンフィカにあるジョゼ・フレデリコ・マルケス刑務所に収監された。
 さらに翌14日には、昨年8月に同件で逮捕された同容疑者の孫のライアネ・ドス・サントス・オリヴェイラ容疑者が収監されている、リオ市西部バングーにあるサントエスペジート刑事研究所(女性専用の刑務所)に移送されている。同研究所には、元軍警の妻で、捜査妨害を試みたとされるアンドレア・ドス・サントス・マイア容疑者も収監されている。
 この処分に対し、アンデルソン氏の弁護団は、フロルデリス氏をカンポス・ドス・ゴイタカゼス市にある、女性専用のニウザ・ダ・シウヴァ・サントス刑務所に移送するよう、リオ地裁に求めている。リオ地裁は、逮捕令状を出した時点で、フロルデリス氏は肉親や関係者のいない刑務所に収監するべきとしていたが、リオ市内には女性専用の刑務所が3カ所しかないのに、同件で逮捕された女性は5人おり、全ての容疑者を別々の刑務所に収監することができず、誰かを内陸部に送る必要が生じている。

image_print

こちらの記事もどうぞ