ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》Anvisa=コロナバックの使用許可出ず=未成年者へのワクチン接種で

《ブラジル》Anvisa=コロナバックの使用許可出ず=未成年者へのワクチン接種で

子供と青少年への使用許可なしと報じる18日付アジェンシア・ブラジルの記事の一部

 国家衛生監督庁(Anvisa)が18日、サンパウロ市ブタンタン研究所から出ていた、3~17歳へのコロナバックの使用許可申請を拒否する判断を下したと同日付現地サイトが報じた。
 ブラジルでの新型コロナのワクチン接種は、18歳以上の成人向けがほぼ終わり、12~17歳の青少年向けの接種を始める州が出ている段階だ。だが、青少年用に使えるワクチンはファイザー社製に限られており、11歳以下の子供に使えるワクチンは一つもない。
 このため、ブタンタン研究所は中国での治験結果などを添え、3~17歳へのコロナバック適用を認めるよう求めていたが、Anvisaは、治験者の数が少なく、抗体がどの位の期間有効かなどを示すデータも不充分とし、有効性と安全性に確信が持てないとして、許可申請を却下した。

 Anvisaはコロナバックによって抗体ができる割合や抗体の有効期間など、より詳細なデータの提出などを求めており、ブタンタン研究所は改めて使用許可申請を行う必要がある。
 Anvisaによるとヤンセン社は18歳未満の青少年向けの治験開始許可を申請、認可されている。同社の場合も治験参加者の確保がネックになりそうだ。
 今回の決定は非定例理事会で出たもので、青少年や子供に対するコロナバックの適用許可を見送る決定と共に、保健省に対し、免疫形成能力の低い人や高齢者などを優先し、コロナバックによる接種完了者への実験的補強接種を行う事を推奨する事も決めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 下院が最賃R$545案を承認=新政権初の難関突破か=上院の審議予定は23日=調整は実質インフレ下回る2011年2月18日 下院が最賃R$545案を承認=新政権初の難関突破か=上院の審議予定は23日=調整は実質インフレ下回る ニッケイ新聞 2011年2月18日付け  2月から再開された下院で16日午後、ジウマ政権最初の試金石とされていた最低賃金の審議が行われ、政府案通りの545レアルが絶対多数で承認された。 […]
  • 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第17回=モソロー初の日本人は炭坑離職者2016年4月30日 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第17回=モソロー初の日本人は炭坑離職者  懇親会会場であるホテルには入来田純一さん(67、福岡県)が来ていた。彼の父が同地最初の日本人、邦男さんだ。1961年に家族で渡伯、当時純一さんはまだ中学一年、13歳だった。「こっちにきて殆ど学校に行っていない。農業だって本格的に勉強したことない。父も日本から農業の本を取り寄せ […]
  • 今年もふるさと祭り=コクエラで11日から=モジ2006年11月1日 今年もふるさと祭り=コクエラで11日から=モジ 2006年11月1日付け  コクエラ中央日本人会(渋谷仁会長)主催の「第十六回ふるさと祭り」が、同日本人会館(Estrada Mogi-Salesopolis km 10)で十一月十一、十二の両日に開催される。 […]
  • 伯印関係雪解けへ=エタノールに関心を示す2008年10月16日 伯印関係雪解けへ=エタノールに関心を示す ニッケイ新聞 2008年10月16日付け  ドーハ・ラウンド決裂で冷え込んでいた伯印関係が十四日、アモリン外相の呼びかけで軌道修正が行われたと十五日付けヴァロール紙が報じた。燃料の九〇%を輸入するインドが、注目するのはエタノールだ。 […]
  • フェイスブックもひとつの友情?2017年4月29日 フェイスブックもひとつの友情?  ベルゲイロ駅上のサンパウロ文化センターにはいつも若者たちがたくさんいる。ポ語の会話練習のため、勇気を出して集団のいくつかに話しかけてみた。初めは怪訝そうな顔をされるが「日本から来たばかりでポ語の勉強をしている」というと急に熱心に話を聞いてくれる。話した後に必ず聞かれるのは「フ […]