ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》上院議長がモラエス判事罷免請求を却下「民主主義の退化につながる」大統領は議長に恨み節=なおも続く最高裁との対立

《ブラジル》上院議長がモラエス判事罷免請求を却下「民主主義の退化につながる」大統領は議長に恨み節=なおも続く最高裁との対立

パシェコ議長(Marcelo Camargo)

 ロドリゴ・パシェコ上院議長(民主党・DEM)は25日、ボルソナロ大統領が20日に提出した最高裁のアレッシャンドレ・デ・モラエス判事に対する罷免請求を却下する判断を行った。25、26日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ