ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領のネット暫定令を最高裁と上院が無効化=ローザ判事は差し止め命令=パシェコ議長は審議せず=「フェイクニュースは生活の一部」と大統領

《ブラジル》大統領のネット暫定令を最高裁と上院が無効化=ローザ判事は差し止め命令=パシェコ議長は審議せず=「フェイクニュースは生活の一部」と大統領

14日のボルソナロ大統領(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil )

 14日、最高裁と上院がボルソナロ大統領が6日に出した「インターネット法」暫定令(MP)に関して否定的な判断を行い、無効になった。この暫定令は、フェイクニュースや差別発言への対処を緩くする措置を施そうとしていた。その考え方を弁護するため、大統領はこの日、「フェイクニュースは我々の生活の一部」と発言した。14、15日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ