ホーム | 日系社会ニュース | 青葉祭り完全再開で盛況=毎月第1・第3土曜日に

青葉祭り完全再開で盛況=毎月第1・第3土曜日に

料理を振る舞った宮城県人会の方々

料理を振る舞った宮城県人会の方々

 「自粛緩和でやっと青葉祭りが完全再開しました。これからも多くの人に楽しんでもらえるよう美味しい食事を提供していきたい」――青葉祭りの完全再開で調理を担当した宮城県人会の加藤セツコさんはそう語る。
 毎月第1土曜日と第3土曜日に宮城県人会(上利エジガール会長)で行われている「青葉祭り」がこの18日から完全復活した。
 昨年のコロナ禍中でも開催していたが、18日まではブラジル農協婦人部連合会(ADESC)のフェイラのみ出店していた。だが、先月サンパウロ州政府による大幅な自粛緩和が発表された為、コロナ禍前と同じ形式で完全再開となった。
 当日は、同県人会3階屋上にイベント用テントや椅子を設置し、宮城名物牛タン定食や、唐揚げ定食、揚げ魚定食などが25レアルとリーズナブルな値段で提供され、青空の下でその場で食事をするなどして参加者は大いに盛り上がった。
 また、同県人会地下1階ではADESCのフェイラのみならず、洋服店や健康食品店、古本市場、薬草販売、団子屋など様々な店が出店した。
 加藤さんは、「皆が手伝ってくれて再開が実現できた。第1・第3土曜日はぜひ青葉祭りにきてください!」と語る。
 同県人会の上利会長は、「今は牛タン定食だけだが、みんなで試行錯誤して他の宮城名物料理もだしていきたい。みなさんぜひお待ちしていますので、きてください!」と語った。
 食事をしていた沖縄県人会の赤嶺昇さん(沖縄県・77歳)は、「コロナ禍もあって2年ぶりに参加したが楽しい! 食べた揚げ魚も値段が安くてボリュームがあって味も美味しく驚いた! また来たい!」と笑みを浮かべて語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2014年1月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年1月29日  「なんて〃盛大〃なフェスタだ!」。コラム子が写真を撮っている横を、そう吐き捨てるように言いながらブラジル人男性が通り過ぎていった。サンパウロ市誕生記念日の25日夜、セントロのレプブリカ公園近くの連邦貯蓄銀行やブラジル銀行、マクドナルドなど […]
  • コラム オーリャ!2003年1月31日 コラム オーリャ!  見渡す限りの、テント。今週終了した「世界社会フォーラム」の参加者のためにキャンプ場として提供された、ポルト・アレグレ市の公園だ。野宿者、その数一万人以上。トイレは仮設、シャワーは青空の下、炊飯は飯盒で。ギターの音色が聞こえ、場所によってはマリファナの匂いが漂っていた。良い環境 […]
  • 坂和さん(左)と久保さん2015年5月9日 日系人の伴侶探しに=援協お見合い会、24日  サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)が「第49回お見合い会」を、24日午前9時から援協本部5階の神内ホール(Rua Fagundes, 121, […]
  • 東西南北2006年1月21日 東西南北 2006年1月21日(土) […]
  • 全伯俳句大会が投句募集=兼題冬季一切、来月末まで2017年5月5日 全伯俳句大会が投句募集=兼題冬季一切、来月末まで  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)主催の『第8回全伯俳句大会』が8月20日午前9時から(受付開始同8時)、文協ビルで開催されるにあたり、作品を公募している。投句料無料、大会参加費は50レアル(当日受付)。  兼題は冬季一切。未発表作品を一人5句まで。原稿用紙ま […]