ホーム | 日系社会ニュース | 人マチ点描=「移民の父」が行方不明に?!

人マチ点描=「移民の父」が行方不明に?!

盗まれた(?)上塚像

左側、19日撮影した際には影も形もなかった。右側は本来の姿

 「移民の父」が行方不明になった。もちろん、サンパウロ市東洋街ポルヴォラ広場にあった上塚周平の銅像のことだ。先週はあったが、19日朝通りかかると無くなっていた。
 誰かが修理のために移動させたのか、それとも盗まれたのか? セー地区役所に問い合わせたところ、「まったく知らなかった」とのこと。修復目的で移動などではない。限りなく盗難の線が濃厚だ。
 上塚周平は1876年生まれ、1935年没。熊本県下益城郡出身。東京大学法科卒業後、皇国植民会社の現地代理人となり、1908年6月18日に移民船「笠戸丸」で第1回ブラジル日本移民791人とともに着伯、移民と一緒に苦汁をなめた。18年にプロミッソン植民地を創設。生涯、質素な生活をして移民を見守った人物だ。
 最近の不況の深まりにより、サンパウロ市では今年1~9月だけで公道の照明用の電線148キロメートル分が盗まれた。先週土曜日(16日)午前中、リベルダーデ日本広場当たりで電線が盗まれ、付近一帯が停電したばかり。
 東洋街でもマンホールや金属製のフタがあちこちで盗まれて、路上に口をあけている危険な状態になっている場所がある。上塚銅像も盗まれて売り飛ばされ、溶かされたか――。
 この上塚周平像は、リベルダーデ大通りの角という目立つ場所になることもあって、以前から金属製の碑文や眼鏡が何度も盗難にあっていた。もし盗難であれば「Pai dos Imigrantes」(移民の父)という文字は盗賊の目に入らなかったのか。彼らに偉人への敬意はないようだ。(深)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市の日本祭り〃参考〃=カンピーナスで軌道に2006年6月15日 サンパウロ市の日本祭り〃参考〃=カンピーナスで軌道に 2006年6月15日(木)  カンピーナス日伯文化協会主催の第二回日本祭が、同文協施設で十、十一日に行われた。約一万五千人の参加者を迎えて、会場は人があふれていた。 […]
  • 池坊南米支部=恒例の慈善バザー=北海道センターで14日2009年6月5日 池坊南米支部=恒例の慈善バザー=北海道センターで14日 ニッケイ新聞 2009年6月5日付け  華道家元池坊華道会南米支部(島野蝶子支部長)は十四日午前九時から午後五時まで、北海道交流センター(ジョアキン・タボラ街605)で第二十六回慈善バザーを開催する。 […]
  • 便利な食品宅配サービス体験ルポ(下)=配達員に変装した強盗に注意2020年1月24日 便利な食品宅配サービス体験ルポ(下)=配達員に変装した強盗に注意  スマホのアプリを利用した、温かい料理が手頃な価格で自宅に届く食品宅配サービス。ここでは前回に引き続き、記者が実際に商品を注文した際の出来事と、ほか注意点などを紹介する。  週末の夜にファストフード店の商品を注文した時には、配達員が店で商品を受け取る前に、アプリ内の地 […]
  • 家族で楽しめる=霊友会のバザー2004年11月17日 家族で楽しめる=霊友会のバザー 11月17日(水)  ブラジル霊友会(岡本謙蔵会長)は恒例の慈善バザーを、二十一日午前九時から地下鉄ヴィラ・マリアナ駅近くの同会館(ヴェルゲイロ街3507)で開催する。 […]
  • ■今週末の催し2015年6月25日 ■今週末の催し  土曜日(27日) 不妊治療講演会、午前10時、日伯友好病院(Rua Pistoia, 100, Parque Novo Mundo.)     ◎ 名画友の会映画鑑賞会、昼11時半)、熟連会館2階 (Rua Dr. Siqueira Campos, […]