ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》カンピーナス市=市議会の聴衆が人種差別発言=対象の女性市議が被害届提出

《サンパウロ州》カンピーナス市=市議会の聴衆が人種差別発言=対象の女性市議が被害届提出

カンピーナスの市議が人種差別的な侮辱発言を受けたと報じる9日付G1サイトの記事の一部

 サンパウロ州内陸部のカンピーナス市で8日夜、聴衆が入った市議会で黒人の女性市議に対する人種差別発言が起きて審議が中断し、同市議が被害届を出す事態が生じたと9日付現地サイトが報じた。
 人種差別的な侮辱発言を浴びたのは、人種差別と黒人コミュニティの価値化基金について語っていたパオラ・ミゲル市議(労働者党・PT)だ。発言を聞いた同僚市議達が本人にもビデオを見せたところ、「黒人女性のくず(preta lixo)」という叫び声がはっきりと聞き取れた。
 叫び声は傍聴席から発せられ、本人はそれに気付いていなかった。だが、聴衆の叫び声が激しくなり、ミゲル市議の集中力が途切れたのを見たゼー・カルロス議長(社会党・PSB)が審議を停止、審議の様子を録画していたビデオを確認するように求めた。

 ミゲル市議やその同僚達は、人種差別発言には断固として反対する姿勢を見せ、即座に調査を開始し、議会警察も動員されたが、会場にいた人々はマスクを着用していたため、その場での映像だけで発話者を突き止める事はできなかった。
 同市議は9日朝、市警に被害届を出し、捜査を依頼。複数カ所に設置され、審議の様子を録画していたビデオや防犯カメラの映像、現場にいた人達が携帯電話で撮影した聴衆の写真も提出した。
 同市議は、「ビデオからは叫び声がはっきりと聞き取れた。このような出来事を捨て置いてはならない。発言者を突き止める必要がある。人種差別は表現の自由ではなく、犯罪である事を全ての人に知らしめなければならない」としている。
 カルロス議長も、「市議3人が人種差別発言を知らせてきた。犯罪者は責任を取る必要がある」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 熱烈歓迎に感動した!=サ・アンドレー=白寿会月例会へ日本からのお客さんら=老人クラブのあるべき姿=随所に心からのもてなし2005年8月11日 熱烈歓迎に感動した!=サ・アンドレー=白寿会月例会へ日本からのお客さんら=老人クラブのあるべき姿=随所に心からのもてなし 2005年8月11日(木) […]
  • 今年も豪華絢爛=コロニア芸能祭2004年6月18日 今年も豪華絢爛=コロニア芸能祭 6月18日(金)   第三十九回コロニア芸能祭が二十六、二十七日両日とも午前十時から、ブラジル日本文化協会の芸能祭委員会(重田エウゾ委員長)主催で同記念講堂で行われる。ニッケイ新聞社とサンパウロ新聞社が後援。 […]
  • ケイロス疑惑=担当検察官が辞退申し入れ=親ボルソナロ派と指摘され2019年2月7日 ケイロス疑惑=担当検察官が辞退申し入れ=親ボルソナロ派と指摘され  4日に、フラヴィオ・ボルソナロ上議の元運転手、ファブリシオ・ケイロス氏の口座への疑惑の振込の捜査を担当することになったリオ州検察局のクラウジオ・カロ検察官が、ボルソナロ家との関係をメディアから指摘されたあと、「私は捜査に不適切」として5日に自ら辞退した。6日付現地紙が報じてい […]
  • 樹海2014年9月3日 樹海  大統領選の一次投票でマリナはジウマと並び、決選投票では過半数を制して圧勝する―支持率調査でそんな筋書きが出てきた。カリスマ性が高いマリナが、カンポスの飛行機事故死という劇的状況を踏み台にして出馬した結果、支持率急上昇を見せた▼今の状態が続けばマリナ派単独当選すら可能だ。可 […]
  • 日産がブラジルで新車種生産=7億5千万レの大型投資2016年1月7日 日産がブラジルで新車種生産=7億5千万レの大型投資  日産自動車が4日、リオ州レゼンデ工場で新型スポーツ用多目的車(SUV)「キックス」の生産を開始すると発表したと5日付エスタード紙などが報じた。 街乗りとオフロード走行が可能な「クロスオーバー」の一種で、14年のサンパウロモーターショーで公開した「キックス・コンセプト」が好評で […]