ホーム | 日系社会ニュース | GLA=『アフターコロナの世界を開く』=講演会14日、オンライン21日

GLA=『アフターコロナの世界を開く』=講演会14日、オンライン21日

ゴールデンパス告知

ゴールデンパス告知

 宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「ゴールデンパス、アフターコロナの世界を開く」を14日に対面式で、21日にオンラインで開催することを発表した。このイベントは、コロナ禍やアフターコロナの世界を生き残る活路について、同団体を主宰する指導者の高橋佳子氏が講演するもの。
 GLAは、全ての人々が魂を大切にし、幸せに生きることができるよう、高橋氏が提唱する「魂の学」を学ぶ団体。
 同イベントは2回にわけて講演予定。14日は対面式、アナローザ駅徒歩5分のGLA・ド・ブラジル会館(Rua Dr. José de Queiros Aranha,500)で行われ、日本語講演は10時から13時、ポルトガル語講演は15時から18時で講演。
 一回50人までの感染対策をして開催する。尚、入場時は体温検査やかんたんな問診票、アルコール消毒、マスクが必須。
 21日はオンライン会議アプリズームを使用し講演。申込後にIDとパスワードが送られる。日本語は10時から13時、15時から18時。ポルトガル語は10時から13時、15時から18時となる。
 参加費は30レアルで、これを払えば両日のどれでも参加可能。参加は申込フォーム(https://bit.ly/KeikoTakahashi2021)から。問い合わせや質問などは連絡先(電話=11・5083・0846)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ