ホーム | 日系社会ニュース | JICA日本語教育シンポ=オンラインで120人が参加

JICA日本語教育シンポ=オンラインで120人が参加

パネルディスカッション中の様子

パネルディスカッション中の様子

 JICAブラジル事務所が主催する『日本語教育シンポジウム』が11月6日午後15時から18時にかけてオンライン開催され、126人が参加した。
 国際交流基金サンパウロ文化センター(FJSP)、サンパウロ州立総合大学(USP)、ブラジル日本語センター(CBLJ)、アリアンサ日伯文化連盟(ACBJ)などが協力した。
 JICAブラジル事務所の江口雅之(えぐち まさゆき)所長の開会挨拶のあと、山田彰在ブラジル日本国特命全権大使、日下野良武CBLJ理事長、吉田エドアルドACBJ会長などがシンポジウム開催を祝した。
 挨拶ののち、パネルディスカッションが2つのテーマに分け2部制で実施され、モデレーターをUSPの松原礼子教授FJSPの末永サンドラ専任講師、吉川真由美専任講師が勤めた。
 第1部は『ブラジルで日本語教育を実践する意義』、第2部は『日本語学校の戦略的運営について』をテーマに挙げ、それぞれ約1時間議論が行われた。
 パネリストには共栄日本語学校の住岡朱美先生、ピラール・ド・スール日本語学校の武安洋校長、リオ連盟の栗原謙一郎さん、パラナ州アプカラナ日本語学校の田中明美先生、阿部けいこ先生らが参加した。
 コロナ禍における日本語学校運営上の困難や、文協と連携した日本語学校の活性化方法、非日系の教師や学習者の巻き込む取り組み等、活発な議論が展開された。
 参加者からは「日本語を教え、学ぶという使命を継続したい」と決意を新たにする声や、「異なる州や環境下での日本語教育を知ることができ、学びが多かった」「日系人や日本語学校の少ない地域での連帯の強化の必要性」を実感する声など様々な意見が寄せられた。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系文学会=通常総会2011年2月3日 日系文学会=通常総会 ニッケイ新聞 2011年2月3日付け  ブラジル日系文学会(武本阜夫会長)は27日午後2時(第二次召集)から同事務所(R. Vergueiro, 819, sala 2)で開く。武本会長、中田みちよ編集長が案内に訪れ出席を促した。 […]
  • 父の遺志を遂行した金城郁太郎の移民物語=上原武夫=(7)2015年10月27日 父の遺志を遂行した金城郁太郎の移民物語=上原武夫=(7) 土地の測量――小禄村役所時代の体験を生かして どうせ沖縄には帰らぬ覚悟で移住した。この国で幸せを掴むのだ。郁太郎はこの国こそ我らの国と心の底から誓っていた。 そんな生き甲斐を感じた郁太郎家に5男ジョージいさおが誕生、二世交ざりの9名家族になった。小学校終了後はオリンピアの町に住 […]
  • 花嫁衣装も披露=サウーデ婦人部お茶会2005年5月7日 花嫁衣装も披露=サウーデ婦人部お茶会 5月7日(土)  サウーデ文化協会婦人部(金盛巴部長)は、去る四月二十八日午後一時半から、同会館で慈善お茶会を行った。 […]
  • 東西南北2009年5月16日 東西南北 ニッケイ新聞 2009年5月16日付け […]
  • 《ブラジル》政府介入で燃料価格値上げ見送り、翌日の株価は大きく下げる=「私は経済の専門家じゃない」とうそぶくボルソナロ大統領2019年4月13日 《ブラジル》政府介入で燃料価格値上げ見送り、翌日の株価は大きく下げる=「私は経済の専門家じゃない」とうそぶくボルソナロ大統領  ブラジルの石油公社ペトロブラス(PB)が11日、12日からディーゼル油の精油所価格を5・74%引き上げると決めたのに、その晩、ボルソナロ大統領からの介入が入り、値上げを断念した。これを受け、12日のPB株は大きく値を下げた上、それに引きずられたサンパウロ株式市場指数(Ibov […]