ホーム | 日系社会ニュース | JICA日本語教育シンポ=オンラインで120人が参加

JICA日本語教育シンポ=オンラインで120人が参加

パネルディスカッション中の様子

パネルディスカッション中の様子

 JICAブラジル事務所が主催する『日本語教育シンポジウム』が11月6日午後15時から18時にかけてオンライン開催され、126人が参加した。
 国際交流基金サンパウロ文化センター(FJSP)、サンパウロ州立総合大学(USP)、ブラジル日本語センター(CBLJ)、アリアンサ日伯文化連盟(ACBJ)などが協力した。
 JICAブラジル事務所の江口雅之(えぐち まさゆき)所長の開会挨拶のあと、山田彰在ブラジル日本国特命全権大使、日下野良武CBLJ理事長、吉田エドアルドACBJ会長などがシンポジウム開催を祝した。
 挨拶ののち、パネルディスカッションが2つのテーマに分け2部制で実施され、モデレーターをUSPの松原礼子教授FJSPの末永サンドラ専任講師、吉川真由美専任講師が勤めた。
 第1部は『ブラジルで日本語教育を実践する意義』、第2部は『日本語学校の戦略的運営について』をテーマに挙げ、それぞれ約1時間議論が行われた。
 パネリストには共栄日本語学校の住岡朱美先生、ピラール・ド・スール日本語学校の武安洋校長、リオ連盟の栗原謙一郎さん、パラナ州アプカラナ日本語学校の田中明美先生、阿部けいこ先生らが参加した。
 コロナ禍における日本語学校運営上の困難や、文協と連携した日本語学校の活性化方法、非日系の教師や学習者の巻き込む取り組み等、活発な議論が展開された。
 参加者からは「日本語を教え、学ぶという使命を継続したい」と決意を新たにする声や、「異なる州や環境下での日本語教育を知ることができ、学びが多かった」「日系人や日本語学校の少ない地域での連帯の強化の必要性」を実感する声など様々な意見が寄せられた。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 来社した浜崎理事、池崎会長、山尾副会長(左から)2014年12月3日 ACAL東洋祭6、7日=日頃の感謝を込めて開催  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)は6、7日の両日正午~午後6時まで、サンパウロ市リベルダーデ広場周辺で『第46回東洋祭』を開く。 同広場に特設ステージが設けられ、2日間に渡って日本舞踊、太鼓、合気道などの演目が行われる。ガルボン・ブエノ街大阪 […]
  • 国税庁の税吏常駐=税滞納企業に密着監査?2009年12月19日 国税庁の税吏常駐=税滞納企業に密着監査? ニッケイ新聞 2009年12月19日付け  国税庁は17日、税金を滞納した企業の出納を密着監査のため監督官を企業へ派遣することを検討していることを明らかにしたと18日付けエスタード紙が報じた。 […]
  • アマゾンの森林伐採減少=10カ月でサンパウロ市規模消滅だが2010年7月22日 アマゾンの森林伐採減少=10カ月でサンパウロ市規模消滅だが ニッケイ新聞 2010年7月22日付け  2009年8月から今年5月までの法定アマゾンの森林伐採は1567平方キロで、前年同期比47%の減少と21日付エスタード紙が報じた。 […]
  • サンパウロ大都市圏=バイク4人組が青年4人を銃殺=口論後に跪かせて後頭部撃つ2018年4月18日 サンパウロ大都市圏=バイク4人組が青年4人を銃殺=口論後に跪かせて後頭部撃つ  サンパウロ大都市圏のサンベルナルド・ド・カンポ市で16日夜、食料や雑貨を売る店の前で、誕生日を迎えた青年とその仲間計4人(22歳から25歳)が、バイクで乗りつけた4人組に射殺される事件が起きた。  事件が起きたのは、サントアンドレ市との市境に近い、エジソン・デ・ケイロス街の […]
  • 《サンパウロ州》カンピーナス大学の落書き犯拘束=集団殺人匂わす脅迫などを大書2018年8月18日 《サンパウロ州》カンピーナス大学の落書き犯拘束=集団殺人匂わす脅迫などを大書  サンパウロ州内陸部カンピーナス市で17日、14日夜、州立カンピーナス大学の構内で、集団殺人を匂わす脅迫やナチス・ドイツのシンボルである鉤十字などの落書きを行った男性が、身柄を拘束され、市警第7署で事情聴取を受けた。  落書きは14日夜、言語学研究所(IEL)などに侵 […]