ホーム | ブラジル国内ニュース | 《チリ大統領選》決選投票は極右VS極左に=左右中道時代の終焉象徴

《チリ大統領選》決選投票は極右VS極左に=左右中道時代の終焉象徴

 チリで21日、大統領選の一次投票が行われ、極右候補のホセ・アントニオ・カスト氏と、急進左派のガブリエル・ボリッチ氏が12月に行われる決選投票に進んだ。22日付現地紙が報じている。
 この日に行われた投票の結果、カスト氏が27・92%、ボリッチ氏が25・80%を集めて1、2位となり、決選投票に進んだ。3位は米国在住でチリでは選挙活動を行わなかった異色候補のフランコ・パリッシ氏で12・83%、4位は中道右派のセバスチアン・シシェル氏で12・75%、5位は中道左派のヤズナ・プロヴェステ氏で11・62%だった。
 同国では、中道右派のセバスチャン・ピニェラ氏と中道左派のミチェレ・バチェレ氏が交互に大統領を務める状態が続いていた。この両者が共に抜けた16年ぶりの選挙で両極の結果が出たことになった。

 カスト氏はかねてからトランプ前米国大統領やボルソナロ大統領信奉を公言しており、同国の独裁者だったアウグスト・ピノチェ氏の推進した新自由主義経済の推進者として知られている。同氏はまた、「小さな政府」を志向し、女性省、性格差是正省の廃止を求めている。
 一方のボリッチ氏は35歳と若く、同国でここ数年進んでいた、ピノチェ時代の憲法改正に動いていた勢力の代表的存在だ。
 決選投票は12月19日に行われる。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル初の競泳メダリスト=岡本哲男氏2007年10月4日 ブラジル初の競泳メダリスト=岡本哲男氏 ニッケイ新聞 2007年10月4日付け  オリンピック水泳競技でブラジル初のメダリストとなった日系二世の岡本哲男さんが二日朝、呼吸困難と心臓発作のため、療養中のサンパウロ市ビラ・マリアーナ区の自宅で亡くなった。享年七十五歳。 […]
  • 地下鉄5号線が運行中止=線路上を歩いて帰る人も2014年2月15日 地下鉄5号線が運行中止=線路上を歩いて帰る人も ニッケイ新聞 2014年2月15日  13日夕方頃、地下鉄5号線が動かなくなり、乗客が5号線の線路に降りて歩くなどの行為を行った。14日付伯字紙が報じている。  地下鉄5号線は13日午後6時37分、ジョヴァンニ・グロンキ駅付近で送電線が切れ、約800メートルにわたって路線に電 […]
  • 島根県人会=10月8日50周年式典2006年9月22日 島根県人会=10月8日50周年式典 2006年9月22日付け  島根県人会(安達敬之助会長)は、今年創立五十周年を迎えるのを記念して十月八日午前十時から、同県人会交流センター(Rua Das Rosas,86 Mirandopolis)で記念式典と祝賀会を開く。 […]
  • ボルソナロが大統領罷免案=反ジウマ全国デモの2日前に2015年3月14日 ボルソナロが大統領罷免案=反ジウマ全国デモの2日前に  15日にジウマ大統領に対する全国的なデモが予定されている2日前、ジャイール・ボルソナロ下院議員(進歩党・PP)が下院に対し、ジウマ大統領に対する罷免を提案した。 ボルソナロ氏は自身のフェイスブックに親指を立てて写った写真を掲載し、ジウマ大統領に対する罷免請求を提出したと記 […]
  • 朝礼暮改の閉鎖通告=ガレリア・パジェー営業再開2009年6月4日 朝礼暮改の閉鎖通告=ガレリア・パジェー営業再開 ニッケイ新聞 2009年6月4日付け […]