ホーム | 日系社会ニュース | 文協RURALオンラインで25日=「サンパウロ州西部の農業、新時代の挑戦」

文協RURALオンラインで25日=「サンパウロ州西部の農業、新時代の挑戦」

イベント告知バナー

イベント告知バナー

 ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)は25日(木)18時から20時まで、文協RURALをオンライン開催する。今回のテーマは「サンパウロ州西部の農業、新時代の挑戦」。
 告知のために農業関連交流委員会の上辻ネルソン委員長と桂川富夫副委員長が来社した。テーマについて上辻委員長は「異常気象による天災が増えてきました。その対処法として参考になれば」と説明する。
 同会では4人の農業専門家が「畜産と森林の一体化耕地(Integração Lavoura-Pecuário e Floresta、以下ILPF)」「気候」「新時代における農業の課題」「サンパウロ西部における農業の展望」を講演する。
 「ILPF」では同議題の専門家である西パウリスタ大学(UNOESTE)農学科のエデマール・モロ教授が出演する。「ILPFは耕種、畜産、林業を一体とした生産システム。土地の有効活用、生産性の向上、温室効果ガスの軽減が期待される。
 「気候」の講師にはアレシャンドレウス・デ・モラエス・バルボザUNOESTE農学教授が登壇。昨今の異常気象について知り、いかに対策するかを講演する。
 「新時代の農業の課題」ではフランシスコ・グラジアーノ・ネト博士が登壇する。ネト博士は30年に亘り農業ビジネスや政治に関する本を執筆、サンパウロ州政府の環境局長や農業・供給局長官などもつとめていた。

来社した上辻委員長と桂川副委員長

来社した上辻委員長と桂川副委員長

 「サンパウロ州西部における農業の展望」はナリタ・ノブヨシ氏が講師として登壇する。同氏は聖州食品技術機関(APTA)の研究者でUNOESTEの協力者でもある。プレジデンテ・プルデンテでの今までの農業とこれからどうなっていくかを考える内容となっている。
 桂川副委員長は「委員会一同できる限り頑張っていますので、皆さんにぜひ見て参加して頂きたい」と参加を募る。「質問や相談事が有ればぜひメールを。すぐ返答は難しいかもしれませんが、なるべくお答えします」とコメントを寄せた。
 問合わせは上辻委員長のメール(nhkamitsuji@gmail.com)まで。同会は文協のユーチューブ(http://youtube.com/bunkyodigital)での視聴かズームからの参加が選べる。ズームでの参加希望者はQRコードをスマホ専用アプリで読み込めばアクセスできる。

ZOOMからの参加希望者用QRコード

ZOOMからの参加希望者用QRコード

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年10月11日 東西南北  今年は日曜日と重なっており祝日気分はあまり出ないが、12日はブラジルの守護神ノッサ・セニョーラ・アパレシーダの日だ。この日、国立アパレシーダ聖堂では毎年恒例の祝典などが開催される。既に昨日の時点から数多くの巡礼者が向かいはじめていると報じられているが、当日は午前7時と11 […]
  • 窪田氏から小西氏へ=伯三井住友銀の社長交代2010年8月28日 窪田氏から小西氏へ=伯三井住友銀の社長交代 ニッケイ新聞 2010年8月28日付け  ブラジル三井住友銀行の社長が9月中ごろ、窪田敏朗さん(53、静岡県)から小西輝久さん(52、兵庫県)に交代するにあたり、あいさつのために来社した。 […]
  • コラム 樹海2005年9月13日 コラム 樹海 […]
  • 《ブラジル》建設大手元幹部らの報奨付供述の内容が流出=21人に総計1億レアル以上の賄賂=“汚職オールスター”級の名前が続々2019年3月1日 《ブラジル》建設大手元幹部らの報奨付供述の内容が流出=21人に総計1億レアル以上の賄賂=“汚職オールスター”級の名前が続々  建設大手のOASが、8政党、21人の政治家に総計1億2500万レアルの賄賂を払っていた事が判明した。ラヴァ・ジャット(LJ)作戦の捜査の一環として、OAS幹部たちが昨年行った報奨付供述の内容を現地紙がスクープした。  幹部らの供述は、昨年7月に、LJ作戦に関連する裁 […]
  • 鳥取熟年大学、勉強旅行=マリンガやジュレマ温泉へ2007年9月12日 鳥取熟年大学、勉強旅行=マリンガやジュレマ温泉へ ニッケイ新聞 2007年9月12日付け  鳥取熟年大学は、さきごろ、北パラナへ二泊四日の、親睦と勉強の旅行をした。行く先は北パラナ有数のリゾート地ジュレマ温泉(カンポ・モウロン)。 […]