ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁定年を70歳に引下げ=差し止めへの立法府の報復か=下院憲政委員会が改定承認=大統領指名が2人分増える?

《ブラジル》最高裁定年を70歳に引下げ=差し止めへの立法府の報復か=下院憲政委員会が改定承認=大統領指名が2人分増える?

ビア・キシス下議(Maryanna Oliveira/Camara Dos Deputados)

 23日、下院の憲政委員会で最高裁判事や高等裁判事、国立会計検査院(TCU)判事の定年を早める憲法補足法案(PEC159/19)が承認され、下院本会議で審議されることになった。この法案が承認されると、ボルソナロ大統領が任期中に選ぶことのできる最高裁判事が2人増えることで注目されている。23、24日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ