ホーム | 日系社会ニュース | 弓場農場の特別展「YAMA」開場時間が変更

弓場農場の特別展「YAMA」開場時間が変更

 【既報関連】サンパウロ市ファッションウィークに参加している日系デザイナーの山本フェルナンダさんと弓場農場の特別展「YAMA」が、メトロ・ヴェルゲイロ駅上のサンパウロ文化センター(Centro Cultural São Paulo、Rua Vergueiro, 1000)で12月5日まで開催されている。
 25日付け本紙2面で開場時間を「火~日曜日の10時から18時まで」と掲載したが、火から金曜日の開場時間が20時間までに延長された。土、日曜日は18時まで。月曜日は閉館日。入場無料。
 同特別展の詳細は同センター公式サイト(http://centrocultural.sp.gov.br/2021/11/18/sao-paulo-fashion-week-yama-fernanda-yamamoto-comunidade-yuba/)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 米国ビザ申請詐欺で数千人が被害に2009年12月9日 米国ビザ申請詐欺で数千人が被害に ニッケイ新聞 2009年12月9日付け […]
  • コラム オーリャ!2008年7月23日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年7月23日付け  今年の日本祭も天気に恵まれ、多くの人で賑わった。ボランティアの支えも大きいとはいえ、県連があの広大な会場で、年間一般会計の約十倍にもなるイベントを毎年無事に終えているのは驚異的なことだ。 […]
  • マナウス免税地区が好調=史上最高の収益810億レ=「昨年はタブレットの年」2014年1月22日 マナウス免税地区が好調=史上最高の収益810億レ=「昨年はタブレットの年」 ニッケイ新聞 2014年1月22日 国全体の工業は停滞気味で労働者数も減っている一方、アマゾナス州マナウスのフリーゾーン(免税地区)では収益、雇用数ともに史上最高を記録したと19日付エスタード紙が報じた。 マナウス・フリーゾーン監督庁(Suframa)は、2013年、同地域の […]
  • 初釜初生け、300人で新春祝す!=裏千家、生け花協会が共催2019年1月18日 初釜初生け、300人で新春祝す!=裏千家、生け花協会が共催  茶道裏千家ブラジルセンター(林宗一代表)とブラジルいけ花協会(エトソン・トンプソン・デ・リマ・ジュニオール会長)の共催で「新春初釜初生け」が、13日、マクスード・プラザホテルで開催された。ブラジル日本文化福祉協会と国際交流基金の後援。  昨年は、ブラジル日本移民11 […]
  • サンパウロ市、清掃会社との契約更新を拒否2009年10月2日 サンパウロ市、清掃会社との契約更新を拒否 ニッケイ新聞 2009年10月2日付け […]