ホーム | 日系社会ニュース | 宮城埼玉東京の屋台祭り=400食超え「次は対面かも」

宮城埼玉東京の屋台祭り=400食超え「次は対面かも」

忙しそうに調理する様子2

忙しそうに調理する様子2

 宮城県人会(上利エジガー会長)、埼玉県人会(吉田章則会長)、東京都友会(鈴木ワグネル会長)の3県人会が協力して、10月17日に「ドライブスルー屋台祭り」を宮城県人会館で開催した。
 埼玉県人会でおなじみのカレーパンや、東京都友会がスーパーヒロタ主催の「県人会母県料理コンテスト」で披露した豚角煮丼、宮城県人会は青葉祭りの名物料理・宮城牛タン定食などを販売し、デザートなどをあわせると合計428食を販売した。
 同祭の会場を貸し出した宮城の上利エジガー会長は、「昨年は本当にコロナの影響で大変だった。最近になってやっと良くなる兆しが見えてきました。現在は卓球の練習で会館を定期的に借りる人がいるなど、コロナ禍前の生活が徐々に戻りつつあることを実感しています」と語る。
 埼玉の吉田会長は、「おかげで無事開催することができた。自粛緩和や他の団体のイベントが増えた影響で、以前より販売が難しくなっていることも肌で感じます。そろそろ次は対面で屋内飲食を再開かな? 皆で感染対策も練りながら話し合って検討したい」と次回は対面販売の可能性をほのめかした。
 東京都友会の鈴木ワグネル会長の代理として参加し調理したオオハシ・フジタ・プリシラ・アヤさんは「まだ油断できませんが、購入者の嬉しそうな顔が見れてよかった! これからもみんなで団結してイベントを盛り上げたい」とハツラツと語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=292015年2月6日 パナマを越えて=本間剛夫=29  会場で起こった爆音は低空で豪の上を舞っているらしく、いつになく執拗に患者の横たわる洞窟の空気を震わせた。何かが、起こりそうだ――不安が、朝の回診を始めたばかりの衛生兵たちを襲った。 「編隊でありますか」 外光がほのかに届く病床に横になっている上等兵が怯(おび)えた眼を私に […]
  • ■今週末の催し2019年7月11日 ■今週末の催し  13日(土曜日)  七夕祭り(リベルダーデ文化福祉協会)、午前10時半、リベルダーデ広場など、14日も開催      ◎  桜まつり(ブラジル日本文化福祉協会)、午前10時、国士舘大学スポーツセンター(Estrada do Carmo, 801, Bairro do […]
  • マリンガ文協=60周年記念式典2007年6月20日 マリンガ文協=60周年記念式典 2007年6月20日付け  マリンガ文化体育協会は二十二日午後七時半から同協会(Av Kagogawa,50)サロンで創立六十周年記念式典と夕食会を行う。 […]
  • サンパウロ市のカーニバルにガロ!=レシフェより小型で午前中2020年2月22日 サンパウロ市のカーニバルにガロ!=レシフェより小型で午前中  サンパウロ市のカーニバルは、21日からのスペシャルグループのパレード開始で佳境に入ったが、今年は25日のカーニバル当日もいつもと違う趣向が楽しめる。  今年初の企画は、ペルナンブコ州レシフェで22日未明(午前5時)から行われる「ガロ・ダ・マドルガーダ(未明の雄鶏の意 […]
  • 『パッション』ブラジルでも物議醸す=キリスト最期の12時間2004年3月20日 『パッション』ブラジルでも物議醸す=キリスト最期の12時間 3月20日(土) […]