ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パロッシらのラヴァ・ジャット判決無効に=選挙高裁の管轄に移行へ

《ブラジル》パロッシらのラヴァ・ジャット判決無効に=選挙高裁の管轄に移行へ

 連邦高等裁(STJ)は1日、ラヴァ・ジャット作戦で贈収賄や資金洗浄(マネーロンダリング)などの嫌疑に問われ、有罪判決を受けていた労働者党(PT)政権元財相だったアントニオ・パロッシ氏ら15人の被告の罪状を無効にし、13人の被告の裁判管轄を選挙高裁に移す判断を下した。1、2日付現地紙、サイトが報じている。
 パロッシ氏やPTの党中央会計だったジョアン・ヴァカリ・ネット氏らは2017年に、ペトロブラスのサービス部長だったレナト・ドゥケ氏を介した同公社とオデブレヒト社との事業契約の際、手数料として賄賂を受け取っていたとされる裁判で有罪判決を受けていた。

 だが、担当判事だったセルジオ・モロ氏が今年4月、ルーラ元大統領を有罪にした裁判に関して、最高裁から「判決に偏りがある」との判断を下され、ルーラ氏の判決が正式に無効になったことで、他のラヴァ・ジャット裁判にも影響が出ることが予想されていた。
 1日、高等裁のジェズイーノ・リサット判事は、ラヴァ・ジャット作戦関連の裁判の一つで下った、パロッシ氏ら15人への判決を無効とした。
 さらに、「証拠不十分」との理由で無実となったパロッシ氏元側近のブラニスラフ・コンチッチ氏とオデブレヒト社元専務のロジェリオ・デ・アラウージョ氏を除く13被告に対する審理は、「選挙時の裏帳簿(カイシャ2)に関連する裁判は選挙高裁に移された」と判断。これにより、これらの被告に対する裁判は一からやり直すことになる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 高まり続ける有機食品熱=ビエンナーレ埋める人の波=26日までバイオ・フェア2009年7月25日 高まり続ける有機食品熱=ビエンナーレ埋める人の波=26日までバイオ・フェア ニッケイ新聞 2009年7月25日付け  健康志向の高まりの中で、毎年二〇~三〇%という高率で成長している有機食品市場関係者にとり、見逃すことの出来ないバイオ・ブラジル・フェアが、サンパウロ市イビラプエラのビエンナーレ会場で開催されている。 […]
  • 東西南北2020年7月31日 東西南北  このところ、ネットでの言動を巡り「表現の自由か否か」という問題が話題になっている。フォーリャ紙によると、極右傾向にある人の方が極左傾向にある人より4倍以上ものツイッター・アカウントを凍結されている事がわかった。これは2019年5月から20年6月までにGPSイデオロジコという団 […]
  • 秋田県人会総会、3月22日2020年2月29日 秋田県人会総会、3月22日  ブラジル秋田県人会(川合昭会長)は3月22日、聖市ヴィラ・マリアーナ区の同県人会館(Av. Lins de Vasconselos, […]
  • 《ブラジル》インフレに半年以上の高止まり説も=中銀は「一時的」とお茶濁す2020年11月4日 《ブラジル》インフレに半年以上の高止まり説も=中銀は「一時的」とお茶濁す  新型コロナの感染拡大に伴う景気後退(リセッション)後、外出規制緩和による経済活動の再開と緊急支援金支給による購買力向上、買い急ぎによる需要増と品不足などでインフレが進んでいるが、この状態は少なくとも6カ月間は続くという予想が出ている。  中央銀行は現在のインフレは、 […]
  • 今年も〃年末の風物詩〃=東洋祭り10、11日に2011年12月9日 今年も〃年末の風物詩〃=東洋祭り10、11日に ニッケイ新聞 2011年12月9日付け  リベルダーデ文化援護協会(ACAL・池崎博文会長)は師走の風物詩『第43回東洋祭り』を10、11両日にサンパウロ市リベルダーデ広場で開催する。入場無料。 […]