ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》Nubank が資産額で南米一に=創立からわずか8年での快挙

《ブラジル》Nubank が資産額で南米一に=創立からわずか8年での快挙

 デジタル銀行のヌバンク(Nubank)が9日、ニューヨークの証券取引所で取引を開始したところ、新規公開株(IPO)に8日の時点で設定されていた9ドル以上の値がつき、南米で最大の資産価値を持つ銀行となった。9、10日付現地紙が報じている。
 ヌバンクのIPOは8日の時点で9ドルの値がついた状態で、9日のニューヨークでの株式公開となった。9日の同行のIPOは、取引開始直後に11・5ドルにつくなどして、26億ドルの収益を得た。
 同銀行は、無料の銀行口座を提供する目的で2013年に設立された。同行は創業からわずか8年だが、9日現在の資産価値は415億ドル(約2300億レアル)に達した。これは、イタウ・ウニバンコの持つ378億ドル(約2080億レアル)を超えており、南米の銀行では1位となった。

 同銀行はコロンビア人のダヴィド・ヴェレス氏が2013年にサンパウロ市で創立。スマートフォンなど、ネットに密着した運営で注目を集め、現在は、ブラジル、メキシコ、コロンビアで4800万人という顧客数を誇っている。
 また、これによって、同銀行の資産価値は、ブラジルのすべての企業の中でも、ペトロブラス、ヴァーレ、アンベヴに次ぐ、4位に上がった。

★2019年8月20日《ブラジル》経済発展の原動力描く「移民のブラジル」
★2021年5月12日《ブラジル》ワッツアップで送金可能に=個人限定で月5千レアルまで=3月30日に中銀の許可出る
★2019年3月8日《ブラジル》会議所部会長シンポ=広がる視界、構造改革に期待=本格回復は2020年以降か=(下)

image_print

こちらの記事もどうぞ