ホーム | 連載 | 2003年 | 越境する日本文化 マンガ・アニメ

越境する日本文化 マンガ・アニメ

越境する日本文化 マンガ・アニメ(9)=孤軍奮闘したアブラデミ=日系人の存在がブームの下地

1月31日(金)  マンガ・アニメの隆盛は新しいメディアの発達により、コロニアのあたま越しに日本から直接流れ込んできた。ブラジルの日本食ブームが、欧米からの影響で始まったのと似ている。にしても、何らかの日系人の影響はなかったのか?  「日本移民の存在が、ブラジル人をして急激にマンガやアニメにのめり込ませる下地を作っていたことは重 ...

続きを読む »

越境する日本文化 マンガ・アニメ(8)=マニアックな読者たち=マンガ通して 日本の風俗へ親しみ

1月30日(木)  USPでマンガ史を教えるソニア・ルイテン教授は「ブラジル人のコミュニケーション手段の中心は、文章ではなく目(ヴィジュアル)と耳(会話)。その分、敏感に反応する」とし、それゆえマンガやアニメに飛びつきやすいと分析する。  「マンガはヴィジュアルに訴えるから、本を読むよりはるかにラク。動きのあるアニメの場合、主人 ...

続きを読む »

越境する日本文化 マンガ・アニメ(7)=スーパーマンの危機?!=日本の情けない ヒーローに座を奪われる

1月29日(水)  「スーパーヒーローたちは現在、世界中で危機的状況にある――」  これはマンガの中の話ではない。昨年十一月末にパウリスタ大通りのSESI(産業社会サービス)内に開設されたアメリカン・コミ図書コーナーの記念イベントの一環として、二十八日にで行われたアメリカン・コミック(米国のコミック)に関する公開討論会で、コミッ ...

続きを読む »

越境する日本文化 マンガ・アニメ(6)=違和感を超える面白さ=コロニア通らず入り込む

1月28日(火)  昨年二月二十四日付エスタード紙国際面にでかでかと掲載された写真を見て、一瞬、目を疑った。コロンビアのメデリンの武装都市ゲリラが、奇妙なシャツを着てピストルをかまえていた。そうSamurai X(原題『るろうに剣心』)だ。マンガのセンスが、いかに国際的人気を博しているかの見本かもしれない。  しかし、マンガやア ...

続きを読む »

越境する日本文化 マンガ・アニメ(5)=アメコミはライバル?!=子どもの頃からマンガ家が夢

1月25日(土)  ブラジルでも毎月のようにオリジナルマンガが出版されているが、三号まで続くものはほとんどない。その中で、エリカ・アワノさんが作画家として参加する月刊コミック『Holy avenger』はすでに四十号を数え、三年以上も続くごく稀な例だ。  別にいる脚本家が書いた原作をベースに毎月二十ページを助手なしで作画する。「 ...

続きを読む »

越境する日本文化 マンガ・アニメ(4)=鼻息荒いマンガ出版業界=日系が始め伯人が市場拡大

1月24日(金)  「なぜブラジルでマンガの人気が出てきてるのか? それはJBCのおかげ」とまで言い切るのは、同出版社の出版事業総責任者のジューリオ・モレーノさんだ。  聖市ヴィラ・マリアーナ区にあるJBC出版社は、九五年に創業した新興企業だ。九七年に月刊誌『Made in Japan』を、九九年九月からマンガ・アニメ情報誌『H ...

続きを読む »

越境する日本文化 マンガ・アニメ(3)=パソコンとアニメの 怪しい関係=ネットの闇にうごめくオタクたち

1月23日(木)  カタカタカタ――。目の前のモレーノ(褐色肌の人)がキーボートを叩く。「Dragon Ball」というキーワードを入れ、決定キーを押すと、パソコンのモニターには、ずらっとダウンロード(ネット上から自分のパソコンへコピーすること)可能な番組データが並んだ。数えると三百五十八個もある。  これは世界中でインターネッ ...

続きを読む »

越境する日本文化 マンガ・アニメ(2)=激増する〃Otaku〃たち=マンガ読者人口5百万人?!

1月22日(水)  『Chobits』『犬夜叉』『ワンピース』『ドラゴンボールZ』『バガボンド』『エバンゲリオン』『らんま1/2』など、現在国内で出版されているマンガ翻訳本のタイトル数だけで約二十本。それに影響された日本風オリジナル漫画が十タイトル、マンガ・アニメ関連の情報誌が約三十誌も発行されている。  放送されているアニメは ...

続きを読む »

越境する日本文化 マンガ・アニメ(1)=『聖闘士星矢』が転載=94年以降、激増すらファン人口

1月21日(火) (共同連載『越境する日本文化』の統一)  テレビの主婦番組ではブラジル人シェフが日本料理を教え、街角には日本語Tシャツを着た人々が行きかい、バンカには日本のマンガがずらりと並んでいる。移民が持ち込んだ日本文化は、いまや従来の枠を大きく越えて広がっている。あるものは二・三世へ、またはブラジル社会全体へ――。今回の ...

続きを読む »