ホーム | 連載 | 2003年 | はばたけ!ダチョウ飼育

はばたけ!ダチョウ飼育

はばたけ!ダチョウ飼育(下)=夢追う日系飼育者==高まる伯国での需要

9月12日(金)  ダチョウ飼育の大きな問題は、長期的な投資とインフラ整備が必要なことが挙げられるが、COONTRUZは滅菌した卵を、土曜日にまとめてアラサトゥーバ(USP)の共同試験場へ運び、孵化させている。来年からは共同で孵化場を研究しているロンドリーナ州立総合大学で孵化させる予定だ。  前田さんは、全ての作業を第二アリアン ...

続きを読む »

はばたけ!ダチョウ飼育(中)手間かかる雛の飼育=高額で売買、メスの成体

9月11日(木)  「ダチョウ飼育で、一番気をつかうのは孵化してからの三カ月です」。  前田リカルドさん(四二)は、第二アリアンサでダチョウ飼育に取り組んで五年目になる。  デカセギで七年半ほど群馬や千葉に。九八年に帰国し、「何かやらなければ」と探していたところ、ダチョウ飼育に目が止まった。  それからさまざまな資料で独自の研究 ...

続きを読む »

はばたけ!ダチョウ飼育(上)=ブラジル唯一の日系組合=高いがヘルシーな肉

9月10日(水)  黒い羽毛をまとったその姿からは、悠然とした気品を感じさせ、時速六十キロで走るという伸びた足は、その堂々たる体駆を支える。二本の指を大地に食い込ませ、毅然と長い首を佇立させた姿が、サバンナの貴族を思わせるダチョウ。この飛べない鳥が近年、注目を浴びている。『低カロリー、低コレステロール』が売り文句の肉、カルナバル ...

続きを読む »