ホーム | 連載 | 2005年 | マニフェストと質疑応答

マニフェストと質疑応答

マニフェストと質疑応答③=上原幸啓氏

4月14日(木)  現職の上原幸啓候補は最初の自己紹介で、「僕は日本で生まれ、ブラジルの田舎で育った水のみ百姓。エンシャーダをひいた経験もあります」と学者イメージを払拭しつつ、「文協は若い人たちを大事にしたい」と、文協祭りの成功に世代を越えた協力があったことを強調した。  九歳で親に連れられて渡伯。聖州オリンピア市の非日系寄宿学 ...

続きを読む »

マニフェストと質疑応答②=下本八郎氏

4月13日(水)  「文協を思い愛している皆さま」と会場へ語りかけ、日本語学校連合会や日本人会など様々な日系団体の代表を務め、各国の日系コロニア訪問してきたことを強調した。  ヴィラ・レオポルジーナ問題に関して、「大きなお金が必要なプロジェクトを提案しても、文協にはお金がないし、日本からも出せないと言われる。会員から一万レアルず ...

続きを読む »

マニフェストと質疑応答①=谷広海氏

4月12日(火)  冒頭、「ここ数年、これほどコロニアの注目を集めることはなかった」と、谷候補は今回の選挙を位置付けた。  選挙に関して、二十六人もの候補者を連名にする現在のシャッパ方式があるために、対抗シャッパを出すのが難しくなっており、コロニアの民意を反映しづらい状態になっていると指摘した。「コロニアを一致団結させる弊害とな ...

続きを読む »