ホーム | 日系社会ニュース | 飛翔太鼓=父母の支えで全伯一に=「日本大会全力で頑張る」
飛翔太鼓のメンバー
飛翔太鼓のメンバー

飛翔太鼓=父母の支えで全伯一に=「日本大会全力で頑張る」

 ブラジル太鼓協会が先月末に開催した「第12回ブラジル太鼓フェスティバル」ジュニア部門で、見事チャンピオンに返り咲いたコロニア・ピニャール(福井村)の飛翔太鼓。祝賀会を終えて一息付くのも束の間、来年3月に日本・大分県である「第18回日本太鼓ジュニアコンクール」に出場するべく、再び猛練習が始まった。
 のどかな田舎にあるコロニア・ピニャール文協会館。騒音を気にせず自由に練習できる、恵まれた環境がその拠点。2006年に結成され、13年の太鼓フェスティバルで初の優勝を果たしてからは、年間を通して週に3度はバチを握る。日語学校の授業と太鼓練習を終え、子供たちが帰路に着くのは午後8時頃だ。
 リーダーの中原一男君(16、三世)は、「3位くらいになると思っていたら優勝できて、心臓が爆発しそうになった。皆、喋れないほど泣いていた」と当時の興奮を想い起こす。強さの秘訣は「母さんや父さん、指導者の皆に『ありがとう』の気持ちで叩くこと」という。
 徳久俊行・同文協会長によれば、彼らの優勝を後押ししたのはこうした父兄の存在だ。夜の練習、指導者の招へい、大会参加の下準備への強力なサポートが活動を支えている。大会終了後、子どもらの勇姿と成長に多くの父兄も涙した。
 「技術だけじゃブラジル一になるのは難しい。後押ししている人に感謝できるようにならないと」。そんな徳久会長らの想いに応えるかのように、活動を支える人々への感謝がグループの精神文化として、年長のリーダーからリーダーへ脈々と受け継がれている。
 十人超のジュニア部門の約半数は、前回の優勝の翌年に日本大会を経験している。同会長は「日本に行くと、自信がついてすごく変わる。経験を生かしてブラジルで頑張れるような子どもたちになってほしい」と親心を覗かせた。太鼓チームの責任者・山田ファビオさんは「順位はともかく、良い発表をしてくれれば」と温かい声援を送った。
 中原君は「優勝にこだわらず、良い発表をしたい。もちろん全力で頑張ります!」と力強く宣言した。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ2017年5月23日 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ  一般社団法人「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(代表・横山万里子)の海外特派員、宮澤かれんさん(18歳、東京)が4日に来社し、活動報告をした。  この「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(HSAP)とは、病気や障害を抱える子供や支援者らの手形を集めて一 […]