ホーム | 日系社会ニュース | 石鎚神社スザノ遥拝所=厳かに早朝の山頂で祈る=創立60周年記念奉祝大祭
カッチンガ山頂での参拝の様子(蓮井康恵さん提供)
カッチンガ山頂での参拝の様子(蓮井康恵さん提供)

石鎚神社スザノ遥拝所=厳かに早朝の山頂で祈る=創立60周年記念奉祝大祭

 聖州モジ・ダス・クルーゼス市カッチンガ区のブラジル石鎚神社スザノ遥拝所(津野アマデウ所長)では3日、「創立60周年大祭」が行われ、地元住民ら300人以上が集って盛大に節目を祝った。同神社は1956年、ジャガイモ栽培をしていた高知県出身の津野所長(72、二世)の父親・長太氏が、その山で雨乞いして叶い、豊作になったお礼参りにと始めたもの。長太氏の出身地の石鎚山を訪れた際に御神像を預かって帰伯し、カッチンガ山へ祀ったことから始まった。以来、この遥拝所は地元の人たちに信仰され、守られ続けてきた。

60周年を迎えた石鎚神社スザノ遥拝所

60周年を迎えた石鎚神社スザノ遥拝所


 晴天に恵まれ、さわやかな空気が満ち満ちた3日朝7時、肉食を絶って身を清めた老若男女ら総勢200人以上がカッチンガ山へご神体を運ぶ登山に出発した。約1時間かけて山頂まで上ると、はるか遠くには霞がかかった山々が浮かぶ。荘厳な雰囲気に包まれたまま、ご神体を祀り、祈りが厳かに捧げられた。
 地元ピンドラーマに住む池森伯子さん(84、二世)も、毎年遥拝所での大祭に参加している。「昔は私も山へ登っていたが、年を取って行けなくなった。今は山登りが好きな16歳の孫娘が毎年友達を誘って行っている」とカッチンガ山を指さし、目を細めていた。
 下山後は登山が出来なかった信者らも集い、遥拝所にて再び祝詞が奏上され、参拝者らの家内安全と五穀豊穣の祈願が行われた。
 地元青少年グループによる太鼓の奉納や餅蒔きが行われた後、直会と呼ばれる昼食会では刺身や寿司などが立食形式で振舞われ、賑やかな60周年の大祭となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • イングリッジさん凱旋熱唱=昨年、非日系で初優勝と話題2019年3月9日 イングリッジさん凱旋熱唱=昨年、非日系で初優勝と話題  昨年3月のブラジル本庄追分大会で優勝を果たし、8月に日本の第35回本荘追分全国大会で5位に入賞したエスピンドラ・イングリッジさん。2月24日の秋田県人会会館にて開催された第4回ブラジル本庄追分会に出演し、高らかに凱旋歌唱した。  イングリッジさんは昨年、非日系人初の […]