ホーム | 日系社会ニュース | 終活とは「感謝して生きること」=西本願寺 久保開教使が講演

終活とは「感謝して生きること」=西本願寺 久保開教使が講演

明るく質問に答える久保開教使

明るく質問に答える久保開教使

 米浄土真宗本願寺派(通称西本願寺)の久保光雲開教使による講演会が23日午後、聖市の広島文化センターで『極楽への旅路』と題した講演会を行なった。自身の仏教との出会いや、「極楽浄土」についてモジ本願寺の浄土絵を通して明るく語り、約100人が熱心に聞き入った。
 広島県生まれの久保開教使は、親戚には被爆者もおり、幼い頃から「いつかはみんな死ぬ」という不安があった。爆心地に近く平和活動に熱心な高校に在学した際には、「先輩たちの死の上に今の生活がある」と教えられていたという。
 京都の大学に入ってから、寺院や仏像と出会い仏教に興味を持った久保開教使。大学の先生が浄土真宗の僧侶であったこともあり、勉強を始めた。お寺に通う内に、小さい頃からの死に対する疑問や不安が解消されたという。
 京都では、仏具店で仏壇や襖に絵を書く仕事も経験した。当地でも6月末、落慶法要を行った新モジ本願寺のふすまと壁に浄土絵を描いた。「極楽浄土はここに書き切れないほど素晴らしいところで、一人一人に用意されている」と説明した。
 人生の〃終活〃については、「財産整理などではなく、行き先がお浄土である事をはっきりさせること」だという。「今が幸せという人もいるが、死はいつ来るか分からない。極楽浄土に行けることを知っていれば、今を思いっ切り生きることが出来る」と語り、「広島に生まれたことこそが私の力の源。自分に出来ることで平和を作っていきたい」と締めくくった。
 質疑応答で「お浄土の宿代や手土産は?」とユニークな質問をしたのは、大塚弥生さん(72、山口)。ご夫婦で約1時間前から一番乗りで来場、「終活」と久保開教使の話に興味があったという。「お金はいりません。仏様ありがとうと親しんでもらうことが一番」との答えに、満足な笑みを浮かべていた。


□関連コラム□大耳小耳

 久保開教使は講演会で、モジ本願寺の襖絵を描くに当り、実際に動物園でクジャクをスケッチしたり、絵の具や筆を日本から取り寄せるなどの苦労話も語った。デザインに3週間、実物大の下書きには2カ月もかかったという。クジャクをはじめ迦陵頻伽、オウム、舎利、共命鳥、白鵠という阿弥陀経に出てくる極楽にいる6種類の鳥と、日本の四季の花々で『極楽浄土』を表しているそう。モジ本願寺の襖絵を見ながら、『自分の極楽浄土』を想像してみるのも一興か。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ2017年5月23日 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ  一般社団法人「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(代表・横山万里子)の海外特派員、宮澤かれんさん(18歳、東京)が4日に来社し、活動報告をした。  この「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(HSAP)とは、病気や障害を抱える子供や支援者らの手形を集めて一 […]