ホーム | 日系社会ニュース | 肋骨折れても心は折れず=JICA初の琉球芸能指導者=元体育教師・高山せい子さん

肋骨折れても心は折れず=JICA初の琉球芸能指導者=元体育教師・高山せい子さん

ブラジル沖縄県人会サンマテウス支部寿の会で行われた高山せい子さん(前列中央)の慰労会の様子

ブラジル沖縄県人会サンマテウス支部寿の会で行われた高山せい子さん(前列中央)の慰労会の様子

 JICAシニアボランティアとして初めて、琉球芸能の指導者が当地に派遣された。那覇市出身の元高校体育教師、高山せい子さん(65)だ。2016年6月から2年間、伯国中にある40の沖縄県系団体を訪問し、琉球舞踊、光史太鼓、三線などの指導を行なう。骨折しても琉舞指導を休まない強い責任感の持ち主で、県系人からの信頼を集めている。

 高山さんは幼いころから琉球舞踊に親しみ、高校の体育教師となってからは授業で舞踊を教えてきた。島袋流千尋会で琉球舞踊を25年間学び、指導許可も持つ。三線は野村流古典保存会で12年、光史太鼓は6年間学んだ。
 在職中に琉球舞踊教育の研究発表を行い、琉球大学大学院で『沖縄エイサー八村の踊り比較』研究、教育学の修士号を取得した。学問的な見地から琉球芸能を理解している点が特徴的だ。
 シニアボランティアを志したきっかけは、高校時代の友人を米国に訪ねた際、郷土芸能の普及活動を熱心に行っている姿を見て感銘を受けたから。『世界のウチナーンチュ大会』で各国県系人の文化継承の取り組みを知り「自分も協力したいという思いが募った」からだとも。
 県人会本部のある聖市に拠点を置き、8月18日現在までに、スザノ市などの聖市近郊都市からロンドリーナ、カンポ・グランデなどの遠隔地まで計20カ所の県系団体を訪れた。
 なかでもスザノ市では県人会婦人部に対して週2回、2~3時間の舞踊指導を行なう。指導を受ける松堂初子さん(78、嘉手納)は、「先生はとても親切。みんな感謝しています」と話す。
 17年6月には、護身術教室の体験中に肋骨を折った。医者からは全治3カ月、安静3週間の診断が下されたが、「JICA隊員としての任務を果たさなければ」との責任感から、骨折から2週間後のスザノ市さくら祭りとロンドリーナ市での沖縄祭りで琉球舞踊を披露した。
 JICAからは安静を勧められたが、コルセットを装着して出演。痛みに耐えて踊り抜き、指導員の役目を果たした。「根性だけはありますから」と語る高山さん。
 派遣期間も折り返しを過ぎ、8月22日から9月25日まで健康診断を兼ねて一時帰国。活動に対する感謝を込めた慰労会が各地で催され、15日には沖縄県人会サンマテウス支部寿の会(山田孝由会長)が行った。
 同会の教室に参加した比嘉光子さん(中城村、81)は「普段あまり家から出ない高齢の人も先生の教室があると会に集まってくる。ウチナー口(沖縄方言)での指導はとても親しみやすくて楽しかった」と話す。
 帰国直前の18日、高山さんに一年間の総括をたずねると、「沖縄県系人をはじめ、皆さんのゆいまーる(相互扶助)精神に本当に助けられた。感謝してもしきれない」と述べ、一層の奮起を誓った。今後は従来の活動に加え、身体障害者にも出来る琉球舞踊の考案と指導、当地大学でのエイサー太鼓に関する研究発表を行う予定。

 

□関連コラム□大耳小耳

 高山さんの派遣は、ブラジル沖縄県人会からの要請を受けて実現したもの。他の県人会もJICAに郷土芸能指導者の派遣を要請してみてはどうか。海外への文化普及に熱心で相応の見識を持った指導者で無ければ務まらない任務。適任者探しは難しく、派遣後のサポートも必要とあり一筋縄ではいかない事業。それでも挑戦する価値はあるのでは。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ2017年5月23日 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ  一般社団法人「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(代表・横山万里子)の海外特派員、宮澤かれんさん(18歳、東京)が4日に来社し、活動報告をした。  この「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(HSAP)とは、病気や障害を抱える子供や支援者らの手形を集めて一 […]