ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》アリアンサ=竹中平蔵慶応大名誉教授講演会=日韓北を取り巻く政治経済情勢

《ブラジル》アリアンサ=竹中平蔵慶応大名誉教授講演会=日韓北を取り巻く政治経済情勢

講演中の竹中教授

講演中の竹中教授

 アリアンサ(日伯文化連盟、大城幸雄理事長)は、慶応大学名誉教授の竹中平蔵氏を招聘し『日本、韓国、北朝鮮を取り巻く政治経済情勢』をテーマに講演会を17日、ピニェイロス文化センターで開催した。同連盟61周年記念事業の一環。会場となった同センターの宮坂国人講堂には約100人が集まり、竹中氏の講演を興味深く傾聴した。竹中氏は北朝鮮の核開発問題、中国の国家資本主義と近隣諸国の状況などついて説明した。
 竹中氏は「憲法で戦争を放棄しており、国内外から平和で安定した国だと思われている日本だが、アジア諸国で起きている政治的な変化に目を向けなければならない時期に来ている」と北朝鮮の核開発問題への対応について語った。
 北朝鮮は凍結していた核開発を再会し、現在では搭載用長距離弾道ミサイルも開発完了した予測される。これに対し、米国は武力行使を含む「全ての選択肢を対策として考慮する」としている。「最も現実的な政策は、北朝鮮に対し強い影響力を持つ中国の説得。しかし日米中韓の間で温度差がある」と説明した。
 日米は「中国からの強い圧力、国際社会全体の北朝鮮に対する制裁」を求めている。それに対し、韓国は「圧力よりも対話を重視したい」とやや否定的な姿勢で、中国は「各国の経済制裁の効果を見てから決めたい」と慎重な立場だ。
 また、中国のGDPは日本を越して、現在では2・4倍にもなったことに触れ、「自国を大国と認識し始めるなど、ここ数年の中国の経済・政治の性格が大幅に変化した」と指摘した。
 各国の経済成長については、「ある国が強くなれば近隣国も恩恵を受ける。『経済が良くなるのは良いこと』というのが一般的な認識」と説明する一方で、「日米から見ると、中国が『国家資本主義』という特殊な形態で経済を発展させていることが地政学的な問題になる」と語った。
 竹中氏は「中国にグーグルやアマゾンなど米大企業は入っていないが、国内企業のアリババはアマゾンの売り上げを追い越すなど、今や米国に並ぶ大国となり、世界の経済システムに影響を及ぼしている」とした上で、「その特殊な発展をしている中国が世界の発展に貢献する国になるよう、他国も協力するべき」と近隣国との関係について考えを述べた。
 講演会に参加したハタヤマ・タエコさん(49、二世)とイアラ・ローザさん(36)は「ブラジルにここまで詳しいニュースが届くことはない。アジアのことを深く知ることができ参加した甲斐があった」と語った。

こちらの記事もどうぞ

  • アリアンサ=「日韓北を取巻く政治経済情勢」=竹中氏、ピニェイロス校で講演2017年11月14日 アリアンサ=「日韓北を取巻く政治経済情勢」=竹中氏、ピニェイロス校で講演  アリアンサ(日伯文化連盟、大城幸雄理事長)は、慶応大学名誉教授の竹中平蔵氏を招聘し『日本、韓国、北朝鮮を取り巻く政治経済情勢』と題して、17日午前11時から聖市アリアンサピニェイロス文化センターの宮坂国人講堂で講演会を行う。入場無料。  今講演は、アリアンサ創立61周年記念 […]
  • 竹中平蔵元総務相が講演=120周年記念セミナー2015年12月12日 竹中平蔵元総務相が講演=120周年記念セミナー  外交120周年の記念セミナーが11月12日、聖市議会で行われ、慶應義塾大学教授で経済学者の竹中平蔵氏が講演を行った。竹中氏は自身が内閣府特命担当大臣や総務大臣を歴任した、小泉純一郎政権から現安倍晋三政権までの日本経済の概要を振り返った。 特に成長戦略の一環として進められる「国 […]
  • 2007年12月29日 ニッケイ新聞編集部が選んだ=2007年コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2007年12月29日付け  「猪突猛進」の勢いで始まった二〇〇七年も暮れようとしている。「百周年への仕上げの年」と位置付けられた今年、国内各地で来年に向けた準備が急ピッチで進んだ。現在、かつてないほどの記念事業が進行しているが、サンパウロはもう一つ元気がな […]
  • 2009年9月30日 環境問題で日伯は協力できる=SBPN交流シンポ=竹中平蔵元大臣が講演=「意見交換を活発に」 ニッケイ新聞 2009年9月30日付け  「米国発経済危機などと騒がれているが、その認識はふさわしくない」。竹中平蔵・慶応大学教授(元総務大臣)は、ブラジル日本研究者協会(SBPN、仁山進会長)が26日から28日まで開催した、日伯間の経済と環境をテーマにした「日伯交流シン […]
  • 2011年10月27日 日伯は生産拠点の補完関係=竹中平蔵元大臣が講演=震災機に未来図描き直せ=早期復興の大事さ強調 ニッケイ新聞 2011年10月27日付け  経済学者で経済財政政策担当大臣などを歴任した竹中平蔵氏の講演会『大震災の教訓と日本のゆくえ』が23日、聖市の文協ビル小講堂で開かれた。竹中氏はブラジル日本研究者協会の第20回年次総会に出席するために来伯し、同協会が主催した。当日 […]