ホーム | 日系社会ニュース | レジストロ=入植百周年誌を刊行=半世紀振りの編纂に

レジストロ=入植百周年誌を刊行=半世紀振りの編纂に

記念誌の装丁

記念誌の装丁

 レジストロ日伯文化協会(福澤一興会長)は、「日本人植民地百周年誌―イグアッペ、レジストロ、セッテ・バーラス」を刊行した。先月21日、同会館で刊行式が催された。
 伯国最初の日本人植民地として開設されたイグアッペ植民地の百周年記念事業の一環として、刊行されたもの。百周年を迎えた13年に同文協に編纂委員会が発足。以来、編纂作業はおよそ3年に及んだ。
 編纂委員長を務めた清水ルーベンスさんによれば、記念誌編纂は入植20周年、50周年以来、およそ半世紀振り。
 「かつて茶産業で栄えたが、90年以降、急激に衰退した。そんななか、資金難に陥った時期もあったが、なんとか灯篭流しを盛り立てるなど、一丸となって乗越えてきた」と振返り、その半世紀の歴史が新たに加えられた形だ。
 記念誌には、日本移民史、日系社会が地域社会に与えた影響、伝統文化、日系団体紹介ほか、日系社会の発展に貢献した功労者による証言や、入植者名簿などが、豊富な写真とともに収められている。
 清水さんは「50トンの重荷を背負っていたかのようだった。何とか歴史を残していかなければいけないという強い思いがあった」と振返り、「戦時中には日系社会を守り、友好関係の深い伯人からも寄稿文が多く寄せてくれた。皆がよく手伝ってくれ、完成できて嬉しい」と安堵した様子で語った。
 記念誌刊行は、宮坂国人財団の協力で実現。320頁。ポ語のみ。初版500部刊行。問合せは、同文協(13・3822・2865)まで。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》アリアンサ=竹中平蔵慶応大名誉教授講演会=日韓北を取り巻く政治経済情勢2017年11月25日 《ブラジル》アリアンサ=竹中平蔵慶応大名誉教授講演会=日韓北を取り巻く政治経済情勢  アリアンサ(日伯文化連盟、大城幸雄理事長)は、慶応大学名誉教授の竹中平蔵氏を招聘し『日本、韓国、北朝鮮を取り巻く政治経済情勢』をテーマに講演会を17日、ピニェイロス文化センターで開催した。同連盟61周年記念事業の一環。会場となった同センターの宮坂国人講堂には約100人 […]
  • なぎさ会が45周年祝う=旧南銀関係者ら180人集まり=合併時の閉会危機乗り越え2017年6月7日 なぎさ会が45周年祝う=旧南銀関係者ら180人集まり=合併時の閉会危機乗り越え  旧南米銀行関係者の懇親団体である「なぎさ会」(伝田英二会長)は3日、聖市のなぎさ会会館で「45周年記念懇親会」を開催した。野村アウレリオ聖市議や宮坂国人財団の西尾ロベルト義弘理事長も参加し、シュラスコや歌謡ショーなどを約180人の参加者が楽しんだ。  伝田会長は冒頭 […]
  • 日伯文化連盟=ピニェイロス文化センター開所=新たな日本文化の殿堂に=講堂や料理など各種10教室2017年8月3日 日伯文化連盟=ピニェイロス文化センター開所=新たな日本文化の殿堂に=講堂や料理など各種10教室  ピニェイロス区に新たな日本文化の殿堂が誕生――2014年から進められていた日伯文化連盟(アリアンサ、大城幸雄理事長)の「ピニェイロス文化センター」が29日、ついに開所した。同文化センターで開所式が行われ、約250人が駆けつけた。約750平米の敷地内に収容人数100人の […]
  • 日伯の研究者が人文研に=後進研究員を養成する事業で2016年12月2日 日伯の研究者が人文研に=後進研究員を養成する事業で  サンパウロ人文科学研究所は移民研究者不足の解消や後進育成を目的に、柴田寛之さん(36、埼玉県)=米ニューヨーク市立大学=とアルフレッド・ジョルジ・ヘッセ・ガルシア・ネットさん(28、パラー州)=サンパウロ州立総合大学(USP)=という日伯の大学院生を1年間、「専任研究員」 […]
  • 文協がポ語大作の刊行祝う=日伯の基盤強化に願い込め2016年11月26日 文協がポ語大作の刊行祝う=日伯の基盤強化に願い込め  昨年の外交120周年を記念し編纂されたポ語書籍「インテルカンビオ・クルトゥラル・ブラジル・ジャポン」の刊行を記念し、文協ビルの移民史料館で17日、出版祝賀会が行なわれた。  同書は日伯両国の更なる関係強化を願い文協から上梓された労作で、全32章からなる。文化を広義的に捉 […]