ホーム | 連載 | 2003年 | 俳優・竹本孝之の連載エッセイ | 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第4回-激変する生徒の環境

俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第4回-激変する生徒の環境

2002年2月21日(木)

 私がこの中学生日記と言う番組に参加してから、間もなく一年が経とうとしている。振り返って見ても、ただ驚きの連続だったとしか言いようがない。何が驚きかと言うと、子供達の考え方は勿論の事、友達・クラスメートとの付き合いで、それぞれ自分のキャラクターを変える器用さ、又は変えなくてはならない人間関係の複雑さ。抱え込んだストレスの大きさ。携帯電話やパソコン等のツールの充実等々、数えてみればきりがない。
 自分が今の子供達と同じ年齢だった頃と比べてどうだったと言う考えは、最早持ち合わせていない。そういった物差しで計れるような時代ではないのだという事を受け入れてから、私は逆に楽になった感がある。
 文化の発展と書くと、些かオーバーではあるが、確かに子供達を取り巻く環境が急激にかわったという事は、誰しも感じる事であり、それはアイテムだけではなく、大人もその一端を担っている事を、忘れてはいけないのではないだろうか。
 『十年ひと昔』と言う言葉がある。仮に私が子供達と同じ年齢だった頃、二十数年前になるが、その頃には生徒を叩いた教師が、『体罰でクビになる等、信じられなかった。私もかなり愛の鞭をもらった一人だが、その事で教師を恨んだり、学校へ行かなくなったりとかはなかった。それが日常茶飯事だとかなり怖いものがあるが、良く見る光景であったのは事実である。しかし、今教師が体罰を下すと、途端にPTAをはじめ、さまざまな団体から抗議を受けることになる。理由のない『暴力』は、いけないに決まっているが、少々過敏になりすぎている気がしてならないのは、私だけであろうか。ともかく、今の子供達は圧倒的に打たれてない。教師はもちろん、親にもいまだかつて叩かれた事がないと言う子供達の声を多数聞いた。何故だろう? 子供達の親は私とほぼ同世代なのに…。
 データーによると、今の日本の親達は、子供と友達になろうとする傾向が強いそうだ。自分達が受けた教育を、反面教師として子供に接する親達。私は人の教育方針にどうこう言うつもりは毛頭ないし、そのことを批判するつもりもない。しかし、学校で言うところのクラスという集団のリーダーが教師ならば、家族という集団のリーダーは親でなければならないと思う。子供の人格形成にあたり、良きところは誉め、悪き所は時には痛みをともなって教える。大人が大人として子供になさなければならない大切な仕事だと私は思うのだが……。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 俳優・竹本孝之2003年7月15日 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第9回-日系子女の声求めて来伯 2003年7月15日(火)  『NHK中学生日記』矢場先生役の竹本孝之です。今私は、ブラジル・サンパウロ行きの飛行機の中でこの文章を書いております。近くなったとはいえ二十四時間。私の住む日本から見れば、地球の真反対にあたるブラジルの地に私は漸く行く事が出来ます。 私はこの […]
  • 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第7回-化粧に熱心な女子生徒2002年6月28日 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第7回-化粧に熱心な女子生徒 2002年6月28日(金)  四季がある国日本。是からの季節、日本では北海道を除くほぼ全ての地域で梅雨に入る。六月半ばから七月半ば迄のこの一ヵ月で、年間総雨量の三分の一から半分もの雨が降る地域もあると言えば、かなりジメジメした日々が続く事を理解して頂けるだろう。この梅雨が […]
  • 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第6回-学力低下の中で週5日制2002年4月19日 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第6回-学力低下の中で週5日制 2002年4月19日(金)  今年の桜は、例年より一週間から十日開花が早かったそうだ。四月上旬の今、新緑の葉が光に眩しい。四月が新学期となる日本では、真新しい制服に身を包んだ新入生達の姿が見受けられる。未だ何処となくぎこちないその姿に、青さを感じてしまうのは私だけではない […]
  • 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第5回-何となく全員高校進学2002年3月21日 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第5回-何となく全員高校進学 2002年3月21日(木)  今日本の中学生、特に最終学年を迎えた三年生は、大きな岐路に立たされている。日本の学年制度は、小学校が六年間、中学校が三年間である。日本の義務教育はこの九年間で、その先は自由に選択出来るようになっている。今では私立の学校も増え、エスカレーター式 […]
  • 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第8回-教師に責任押しつける親2003年5月29日 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第8回-教師に責任押しつける親 2003年5月29日(木)  私が、この中学生日記という番組に参加させて貰って、早いものでもう二年半が経とうとしている。最近ではこの役柄の所為か、各所で講演の依頼が来るようになってしまった。講演など私の柄では無いが、拙い話でも何かの役に立てればと、各地を回っているのだが… […]