ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

1月7日(火)

 ルーラ新大統領が就任し、首都ブラジリアには「一目ルーラを見たい」と大勢の人々が赤い旗を掲げて押し寄せ、盛大なパーティーとなった。翌日二日、ブラジリアの大地は二十トン以上のゴミだらけ。清掃人五百人が、数日かかってゴミを集めた。
     ◎
 サンパウロ市南部コンゴニャス空港で四日、ゴイアス州の双発機が着陸時にブレーキを失い、滑走路から滑り落ちる事故が発生。操縦士の必死の努力で、すぐそばのワシントン・ルイス通りに落ちることはなかったが、事故現場でホットドックを売っている男性が飛行機の翼にふれ、顔面などを負傷した。「九死に一生を得た」と、男性は話している。
     ◎
 リオ市イパネーマ区で三十日、住宅ビル八階から米国人男性二人が落下し、奇跡的に命が助かる事故が起きた。二人はベランダから、隣りのアパートで女性と二人きりだった友人の様子を伺っていた。ベランダは重さに耐えられず崩落。三十五メートル下のレストラン入口の屋根がクッションとなり、二人は一命を取り留めた。落下した米国人の一人は海軍士官で、ブラジルで約一年務めている。
     ◎
 三十一日サンパウロ市で行われたサンシウヴェストレ・マラソンで、女子の部ではゴイアス州出身のマリゼッテ・P・レゼンデさんが一位に輝き、二度目の優勝を遂げた。男子の部は残念ながらケニア人が一位に。ブラジル人のマリウソン・ドス・サントスさんは、二位となった。
     ◎
 六日午後三時の情報では、サンパウロ市地下鉄(メトロ)の従業員らが、きょう七日からスト入りする可能性があるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《汚職ランキング》ブラジルの汚職の少なさは180カ国中105位=テメル前大統領は「事実と異なる」と反論2019年1月30日 《汚職ランキング》ブラジルの汚職の少なさは180カ国中105位=テメル前大統領は「事実と異なる」と反論  汚職撲滅に取り組む非政府組織、トランスペアレンシー・インターナショナル(国際透明性機構・本部ベルリン、略称TI)が2018年の腐敗認識指数(CPI)を発表。ブラジルは汚職の少なさ(社会の透明性)が35ポイントと評価され、ランキングが低下。調査180カ国中、105位だった。 […]
  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • 東西南北2018年7月28日 東西南北  服役中にもかかわらず、ルーラ元大統領を大統領選の候補にすることにこだわり続けている労働者党(PT)。現地紙によると、大統領選に際した同党の公約の中には「最高裁に制限を加える」というものがあるという。それによると、「最高裁判事は憲法を遵守し、かつ、国際感覚を持った人でなければな […]
  • 東西南北2018年7月18日 東西南北  テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を […]
  • 東西南北2018年5月9日 東西南北  8日午前に突如発表されたジョアキン・バルボーザ氏の大統領選出馬断念。テレビ司会者のルシアノ・フッキ氏が出馬断念後に、「政界浄化」の希望を込めてそれなりに高い支持率を得ていた同氏だったが、そこはやはり元々が政治家ではない人物。「きれいそうなイメージ」だけでは政治はできない、とい […]