ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 昨年11月におきたマルジナル・ピニェイロスの高架橋の一部が2メートルも崩落して以来、サンパウロ市内の高架橋の状態が心配されている。市が発表したところによると、市内で185ある高架橋のうち、この10年以内に改修工事を行なった橋はわずか16しかない、つまり全体の1割にも満たない数しか行なわれていなかった。その改修された橋の中でも、4つは問題が発生した後に行なわれたものだったという。市は「2017年以降、33の橋の点検を行なった」と主張するが、大事故が心配な市民としては、もっと急ピッチでの対処を願いたいところだ。
     ◎
 6日、急に除籍となったことで騒がれたマルセロ・アルヴァロ・アントニオ観光相が7日、1日で同職務に復帰した。同観光相が1日間だけ除籍していたのは、「下議としての職務を行なう必要があったから、1日だけ復帰した」とのこと。ブラジルの場合、大臣職は下議や上議を休職扱いして出来るのでそれを利用した形だ。同観光相は6日付本紙でも報じたように、昨年の選挙での不正疑惑が報道されたばかりなので、多くの人が「大統領に更迭されたか」と注目していた。
     ◎
 6日のサッカーのリベルタドーレス杯の予選ラウンド、サンパウロは敵地アルゼンチンでのタジェレス・デ・コルドバ戦で良いところなく0―2で敗れた。直前のサンパウロ州選手権での試合を控え中心で行くなど万全を期したが、退場選手を一人出すなど散々だった。次回は13日の本拠地モルンビでの同カード。何とか逆転してほしいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 東西南北2020年3月14日 東西南北  11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となっ […]
  • 東西南北2020年3月5日 東西南北  サンパウロ市モノレール線15号が1日より運行を停止しており、市民に困惑の声が広がっている。事の発端は2月27日に起きた、ジャルジン・プラナウト駅を出た車両からタイヤが一つ外れて落下する事故だった。当初は、その電車だけが運行停止になっていたが、運行テストを行った結果、他の電車で […]
  • 東西南北2020年3月4日 東西南北  ルーラ元大統領は2日、パリでの式典に参加し、「名誉市民」の称号を受けた。同市は、ルーラ氏が収賄罪などによる実刑を受け、服役中のときから同氏の無罪を訴え、その業績を称えてきたところだ。ルーラ氏はそこで、1審で実刑判決を下したセルジオ・モロ法相を「犯罪者」と罵り、自身を有罪にした […]