ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 昨年11月におきたマルジナル・ピニェイロスの高架橋の一部が2メートルも崩落して以来、サンパウロ市内の高架橋の状態が心配されている。市が発表したところによると、市内で185ある高架橋のうち、この10年以内に改修工事を行なった橋はわずか16しかない、つまり全体の1割にも満たない数しか行なわれていなかった。その改修された橋の中でも、4つは問題が発生した後に行なわれたものだったという。市は「2017年以降、33の橋の点検を行なった」と主張するが、大事故が心配な市民としては、もっと急ピッチでの対処を願いたいところだ。
     ◎
 6日、急に除籍となったことで騒がれたマルセロ・アルヴァロ・アントニオ観光相が7日、1日で同職務に復帰した。同観光相が1日間だけ除籍していたのは、「下議としての職務を行なう必要があったから、1日だけ復帰した」とのこと。ブラジルの場合、大臣職は下議や上議を休職扱いして出来るのでそれを利用した形だ。同観光相は6日付本紙でも報じたように、昨年の選挙での不正疑惑が報道されたばかりなので、多くの人が「大統領に更迭されたか」と注目していた。
     ◎
 6日のサッカーのリベルタドーレス杯の予選ラウンド、サンパウロは敵地アルゼンチンでのタジェレス・デ・コルドバ戦で良いところなく0―2で敗れた。直前のサンパウロ州選手権での試合を控え中心で行くなど万全を期したが、退場選手を一人出すなど散々だった。次回は13日の本拠地モルンビでの同カード。何とか逆転してほしいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか?2021年6月1日 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか? 法王のピアーダにムカッ!とするインテリ  《バットマンが新シリーズで犯罪撲滅にサンパウロへ来ることが確認された》という5月27日付LegadodaDCサイトの記事(https://legadodadc.com.br/batman-vem-combater-o-cr […]
  • 東西南北2021年5月28日 東西南北  連邦政府文化局のマリオ・フリアス文化局長が、文化局内を銃を持って歩いていると報じられている。その銃は本人名義で登録した9ミリ口径のもので、それをベルトの脇に見えるようにして歩いているという。さらに、そういう状況の中で同氏が部下や下請け業者の人に向かって叫ぶ姿も見られており、文 […]