ホーム | 日系社会ニュース | 福島県から「ちびっこ使節団」=ブラジルの自然満喫

福島県から「ちびっこ使節団」=ブラジルの自然満喫

1月8日(水)

ロベルト・ノリオ校の交流校である福島県の金上小学校などから、第二回の「ちびっこ使節団」が来伯している。
使節団は小学五年生の栗田寿子さん、成田詩穂さん、佐藤弥さん、川島麻奈美さんに引率の佐藤充さん、成田嘉孝さんを加えた計六人。十二月二十日からイグアスーの滝、イタイプー・ダム、リオデジャネイロ、イーリャ・グランジなどを観光、ホームステイも経験し、一月にはコレジオ・バンデイランテスの訪問、ロベルト・ノリオ校の生徒との交流などのプログラムに参加した。
 生徒たちは「自然がいっぱいだった」「オレンジジュースがおいしかった」などの感想を話しており、ブラジルの大自然を満喫した様子。一月九日にはサンパウロを発つ。
一方、今回が五回目となるロベルト・ノリオ校からのちびっこ使節団八人も、六日にサンパウロを出発して日本へ向かっており、一月二十日まで会津若松でホームステイを体験、餅つきなどの行事にも参加する。

image_print

こちらの記事もどうぞ