ホーム | 日系社会ニュース | オザスコに響け!千人の太鼓=全伯10チーム集結=福岡県人会が世紀の企画=大小太鼓140張り用意

オザスコに響け!千人の太鼓=全伯10チーム集結=福岡県人会が世紀の企画=大小太鼓140張り用意

1月17日(金)

 福岡県人会(渡部一誠会長)は二月十六日午前九時から、オザスコ市アセンボ街一〇〇番のオザスコ文化体育協会(高清会長)のACEMBO会館で千人の太鼓発表会を開く。全伯の太鼓チーム十チームのメンバー千人が一斉にばちをふるう。大太鼓二十個、小太鼓百二十個が用意され、あとの八百六十人は竹の太鼓をたたく。千個の群太鼓で、オザスコの町は震かんする。

 昨年、国際協力事業団(JICA、小松雹玄サンパウロ事務所所長)の派遣で来伯している日系シニアボランティアの小田幸久さんが今、福岡県人会を中心に各地で太鼓を指導している。太鼓は日本語が分からなくてもたたけるということで、日系人への日本文化の継承が最もスムーズにいく分野とされる。丹下セツ子さんも剣劇、日本舞踊などの文化を日系社会に普及することは難しいとあきらめ、太鼓一本に絞り「丹下セツ子太鼓道場」を開いた経緯がある。
 もともとリズム感のあるブラジル人たちにとって、和太鼓は無理なく自然に興味を持ち入っていくことができる。コロニアが三、四世の時代に入ったといわれる九十年代から太鼓に挑戦する日系の若者が増えた。中には訪日して太鼓を本格的に習い、一家を成す青年もいるほどだ。
 こうした時代の流れを背景に、各地で太鼓チームが結成されつつある。今回、福岡県人会が企画した太鼓発表会には、モジ・ダス・クルーゼス、スザノ、サントアンドレ、サンベルナルド・ド・カンポ、カンピーナス、ソロカバ、カッポン・ボニート、レジストロ、オザスコ、パラナの十チームが参加する。
 今、会場となるオザスコの文協婦人会は千人分の弁当を作る準備でおおわらわだ。千個の太鼓の振動が会館からオザスコの空に響きわたる様は、想像するだに勇壮だ。福岡県人会は壮大な世紀のイベントを企画した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]
  • 福岡県人会総会、2月3日2019年1月29日 福岡県人会総会、2月3日  ブラジル福岡県人会総会(平山イナシオ秀夫会長)の「定期総会」が2月3日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の大阪なにわ会館(Rua Domingos de Moraes, […]
  • 山形県人会総会、2月10日2019年1月29日 山形県人会総会、2月10日  ブラジル山形県人会(篠原俊巳会長)の「定期総会」が2月10日、サンパウロ市リベルダーデ区の同会館(Av. Liberdade, […]