ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

1月21日(火)

 昨年七月二十五日、貨物の高さの限度をオーバーしたトラックに破壊されたサンパウロ市西部のエウゼービオ・マトーゾ陸橋が、修築工事を終えて十七日午前、開通した。橋は六車線規模に拡張された。
     ◎
 ロジージオ(サンパウロ市車両乗り入れ制)が二十日から始まった。乗り入れ禁止の時間帯は、例年と同じく午前七時から午前十時までと午後五時から午後八時まで。サンパウロ市交通技術公社によると、昨年ロジージオ違反による罰金は、前年比一三・八五%減少したという。
     ◎
 サンタ・カタリーナ州イタペーマ市内国道一〇一号線で十九日、アルゼンチン人一家五人が死亡する事故が発生。警察によると、一家の乗用車は、反対車線に突っ込み、マイクロバスと正面衝突したという。
     ◎
 サント・アンドレ市長殺害事件からちょうど一年。警察当局が七人の容疑者を逮捕して一件落着としたが、別の動機で犯行に及んだとして、検察局がさらに主犯の追及で捜査ミスを再度調べることになった。再捜査は法務局の指令で秘密裏に行われるので新事実や新証拠物件は一切公表しないという。被害者の実兄が告発する捜査ミスや疑問点を解明し、いかなる圧力にも屈しないとしている。
     ◎
 ジョゼ・ジェノイノPT党首は社会保障院の改革に言及して「軍人と法務関係者の特権制度が絶対的な法令であるならば、ブラジルの奴隷制度は終焉しない」と言明した。またPT政権の地盤とされる統一労組(CUT)は軍人と法務関係者の年金が例外として認められるなら、徹底抗戦をすると宣言している。大統領は原案を先ず完成し、原案完成前にコメントをすることを禁じた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル・ルネッサンス元年=新たな10年の幕開けに向けて2019年1月9日 ブラジル・ルネッサンス元年=新たな10年の幕開けに向けて  新年あけましておめでとう御座います。この場をお借りし、旧年中の当商工会議所の活動に対する皆様のご支援とご協力に対し、改めて厚く御礼申し上げます。  昨年は移民110周年という記念すべき年であり、各地で様々な催しが開催されました。私自身公私に亘り様々な形で参加させて頂 […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ大統領がグローボの寡占禁止に動く=フロッタが法案のリーダー=背後に同局との激しい対立2019年1月9日 《ブラジル》ボルソナロ大統領がグローボの寡占禁止に動く=フロッタが法案のリーダー=背後に同局との激しい対立  ボルソナロ大統領(社会自由党・PSL)がグローボ局の市場寡占を弱めさせるためのプロジェクトに着手しているという。この背後には、同局と同大統領の間の対立が存在する。8日付フォーリャ紙が報じている。  ボルソナロ大統領は7日の国営銀行総裁就任式での演説で「最近、BV(テ […]
  • 《ブラジル》マクロン仏大統領がボルソナロ批判=環境問題への姿勢を疑問視=国際関係に影響する可能性も2018年12月1日 《ブラジル》マクロン仏大統領がボルソナロ批判=環境問題への姿勢を疑問視=国際関係に影響する可能性も  フランスのエマニュエル・マクロン大統領は11月29日、G20サミット開催直前のアルゼンチンで、環境問題に対するボルソナロ次期大統領の姿勢を強く批判し、それが同国との通商に影響することを示唆した。11月29日、30日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。  マクロン大 […]
  • 東西南北2018年10月18日 東西南北  セアラー州フォルタレーザ大都市圏のイタイチンガ市の刑務所で13日、11歳の少女が強姦される事件が起きた。この少女は、同日9―16時の面会時間に、母親と一緒に服役中の父親に会いに来ていた。事件は少女が父親に付き添われて独房を出た瞬間に起きた。別の受刑囚が少女をさらい、犯行に及ん […]
  • 東西南北2018年10月16日 東西南北  民主社会党(PSDB)の重鎮、カルドーゾ元大統領は、14日付のフォーリャ紙の取材で、ジャイール・ボルソナロ氏に関して、「私の嫌いな要素が全部詰まっているような男だ」として、大統領選決選投票での支持を全面否定した。カルドーゾ氏は軍政時代に国外逃亡を経験するなど、「民主政治のため […]