ホーム | 日系社会ニュース | 50年祭委が新年会=委員会への理解、協力要請

50年祭委が新年会=委員会への理解、協力要請

1月29日(水)

 戦後移住五十周年記念祭委員会(中沢宏一委員長)は三十日、リベルダーデ区のニッケイパラセホテルで新年会を開く。
 同日午後七時から同ホテル一階のコンベンションホールを会場に、同委員会の活動経過などを中沢委員長が報告。また、映画「ガイジンⅡ」を制作中の山崎チズカ監督による記念講演「ガイジンⅡ、と日系人」も予定されている。
 会費は一人三十レアルで、食事代も含まれる。来場者には同記念祭のシンボルマークをかたどった鍵とスミレの花が贈られる。
 二十八日にニッケイ新聞社を訪問した中沢委員長は「いよいよ軌道に乗ってきた。一人でも多くの人に来場してもらい、理解と協力を深めてもらえれば」と話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ