ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 さきごろの福島県人会総会の件で、県人会の「公」と「私」について考えさせられた。総会が公開されなかったからである。現金盗難事件の後始末が議題にのる会議を〃他人〃に見せたくなかったのだ。会費を完納した会員だけで総会が成立するので、内輪の催しだと執行部は定款を解釈したようだ▼だが、待てよ、である。福島県人会が「ファミリア福島」なら、他人に覗かれては困る、という言い方も成り立つだろう。人々だってたって覗こうとしない▼県人会というものの現在の有り様は、ブラジルにおいては事業、行事に一般(他人)の参加を請う。広報には報道機関の機能を借りる。母県からは補助をしてもらっている。創立記念祝典といった節目にはご祝儀を受ける。これは公金である。昨年、これが盗難に遭った▼出した側は、そのお金がどのようになったか知る権利がある。もらった側は知らせる義務がある。県人会が催したイベントに協力した一般にしても、その後を知りたい。こういう状態を開かれている、という。つまり「公」だ▼邦字紙が盗難事件の発生やその後始末について報道すると、時間を置かずに日本の人たちもインターネットでそれを知る時代である。邦字紙は、その媒体(なかだち)なのだ▼さきの総会では媒体による取材が拒否された。定款で、県人会の名において生じた損害は個人的に責任は負わない、とあれば、それはそれで説明になっただろう。なにも隠したりすることはなかった。(神)

03/02/07

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]