ホーム | 日系社会ニュース | ■早藤さんグランプリ=5カ国参加ブラジルで 初の世界アマ歌謡祭=日本の審査員評価「レベル高い」

■早藤さんグランプリ=5カ国参加ブラジルで 初の世界アマ歌謡祭=日本の審査員評価「レベル高い」

3月7日(金)

 ブラジル日本歌謡連盟(=NAK DO BRASIL、北川彰久会長)主催の「世界アマチュア歌謡祭イン ブラジル」が一日午前八時から、サンパウロ市リベルダーデ区の文協記念講堂で開かれた。日伯音楽協会(同会長)の創立五十周年を記念して企画されたもの。世界五カ国から二百五十九人が参加した。NAK本部から、白井伸幸講師、井上博雄講師が来伯。出場歌手の歌唱レベルの高さを評価していた。早藤アレシャンドレさんがグランプリに輝いた。
 開会式は午前十一時から、開かれた。北川会長は、「夢の実現に十年かかった。みんな協力のおかげだ。ありがとう」と、主催者あいさつを行った。
 佐藤首席領事は、「移住百年を迎える。世代交代が進み、日本語、日本文化が失われつつある。歌謡を通じて、日本文化を普及している」と、NAK DO BRASILの活動を称えた。
 岩崎秀雄文協会長、和井武一援協会長も祝辞を述べた。
 参加国は日本、アメリカ、パラグアイ、ボリヴィア、ブラジルの五カ国。熱唱は深夜まで続いた。
 白井講師は、「日本の出場者と遜色は無い。ただ、変に崩して歌っているのが目立つ。それに手を加えたい」。
 井上講師は、「言葉、節回しに問題はない。メリハリをつけて歌うのが課題だ。舞台に立っているだけで、人を引き付けるような華やかさも必要」と、講評を下した。
 早藤さんは、サンジョゼ・ド・リオ・プレット市で行われたパウリスタン(サンパウロ歌謡連盟主催)に続いて、栄光を勝ち取った。
 各カテゴリーの優勝者は次の通り。[金級1]掃部関弘、[金級2]小林わたち、[銀級1]田村幸子、[銀級2]吉村重信、[銀級3]原田ネルソン、[銅級1]丹後田孝、[銅級2]加賀美ケン、[銅級3]高野照美、[アダルト]阿部淳、[ヤング2]早藤アレシャンドレ、[ヤング1グループ1]伊藤栄治、[ヤング1グループ2]知花レナート。敬称略。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月25日 東西南北  ダッタフォーリャが24日に発表したサンパウロ市市長選の世論調査によると、セウソ・ルッソマノ氏が29%でトップに立った。同氏は2012年、16年の市長選でもキャンペーン直前までトップで、そのときはいずれも31%あったという。だが、その両年共、同氏は3位に終わっている。現職のブル […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 《ブラジル》パンタナル=森林火災拡大で動物の墓場に=ジャガー生息地の州立公園65%焼失2020年9月16日 《ブラジル》パンタナル=森林火災拡大で動物の墓場に=ジャガー生息地の州立公園65%焼失  世界でも最大級の熱帯性湿地のパンタナルでの森林火災が一向に収まる気配を見せず、動物達の墓場と化していると13~15日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル中西部のマット・グロッソ州からマット・グロッソ・ド・スル州にかけて広がり、ボリビアとパラグアイの一部にもまた […]
  • 《記者コラム》日本と日系社会が手を合わせて文化普及戦略を2020年9月15日 《記者コラム》日本と日系社会が手を合わせて文化普及戦略を  「そうあってほしい」―8月31日に東京で開催された「日本財団グローバル若手日系人調査」記者発表の映像(https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2020/20200831-48496.html)を閲覧して、そんな感想がわい […]
  • サンパウロ州=検察がPCC摘発の大作戦=爆発物など押収、5人を逮捕2020年9月15日 サンパウロ州=検察がPCC摘発の大作戦=爆発物など押収、5人を逮捕  サンパウロ州検察局が14日、刑務所内外で暗躍する国内最大級の犯罪組織、州都第一コマンド(PCC)摘発作戦を敢行し、構成員を逮捕、爆発物なども押収したと同日付現地サイトが報じた。  検察の摘発作戦は、PCCの幹部クラスのネットワークを解体し、パラグアイやボリビアでの資 […]