ホーム | 日系社会ニュース | 基金の梅宮所長帰国=「文楽」など多くの業績残す

基金の梅宮所長帰国=「文楽」など多くの業績残す

3月22日(土)

 国際交流基金サンパウロ日本文化センターはこのほど、梅宮正勝氏から吉井弘氏に所長を交代した。二人は二十一日来社、あいさつした。
 梅宮所長は一九九八年以来四年半の勤務。前回八六年の勤務と合わせると八年半のブラジル勤務となる。「永久帰国を命ぜられました」と冗談交じりに帰国あいさつしつつ、「愛着は残る」とブラジルを離れる寂しさを隠し切れないようだ。今回着任した九八年は、基金事務所が文化センターに昇格した年。映画、演劇、講演、コンサートなどの事業を開き、ブラジル人に基金の存在を十分認知されたと思うと評価した。
 最も印象に残っている事業は「文楽」。「歌舞伎」、「能」、と共に日本の三大古典芸能の一つを三年がかりで実現した。九九年に基金から発行された『武蔵』のポルトガル語翻訳本は現在七万数千部が売れている。ブラジルでは三千部以上売れるとベストセラーと言われることを考えれば、超ベストセラーとなっている。
 帰国後は大阪市が運営する大阪国際交流センターへ出向、企画事業部長に就任する。
 二十日に着任した吉井所長は、ブラジルは初めて。海外は八三年から二年四カ月、イタリアのローマ文化会館に勤務した経験がある。経理が専門で、これまで以上に文化事業が行われることが期待される。「日本語教育にも力を入れていきたい」と抱負を述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》地下鉄と都電の客が倍に=感染注意喚起しつつ経済稼動へ2020年9月24日 《サンパウロ州》地下鉄と都電の客が倍に=感染注意喚起しつつ経済稼動へ  サンパウロ市の地下鉄と都電(CPTM)の利用客が増え、8月は4月のほぼ倍になった。サンパウロ市と近郊の住民で鉄道輸送を利用した人は、4600万人から9千万人に増えた。  4月は新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するための外出自粛が継続され、鉄道輸送の利用者も少なかっ […]
  • 《サンパウロ州政府》コロナワクチン年内実用化に意気込み=中国製の治験良好報告うけ2020年9月24日 《サンパウロ州政府》コロナワクチン年内実用化に意気込み=中国製の治験良好報告うけ  治験最終段階で良い報告が得られていることで、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)が、中国製のワクチンを12月にも実用化させたいと考えているという。23日付現地サイトが報じている。  このワクチンは、中国の製薬会社「シノヴァック」が開発中の「コロ […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボウソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボウソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]
  • ACAL=七夕短冊のお焚き上げ=少人数でコロナ禍収束願う2020年9月24日 ACAL=七夕短冊のお焚き上げ=少人数でコロナ禍収束願う  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)は、8月2日に開催された七夕祭りで集まった短冊の「お焚き上げ」を9月12日午前にサンパウロ市の東洋会館内の庭園で行った。当日は新型コロナウイルスの感染防止のため、例年と打って変わり15人程の少人数で行われた。焚き上げ式 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(11)2020年9月24日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(11)  主幹・黒石、編集・輪湖、さらに豊富な資金と活字で、予定通り既存紙を圧倒した。  「既存の二新聞を見下ろしながら、新活字で当初から千五百部も印刷して、購読料など念頭に置かず、経営を続けて行った。他の両新聞が如何に挑戦しても、謄写版や石版では先ず其の武器に於いて敵すべく […]