ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

3月25日(火)

 外務省は、アラブ諸国のブラジル大使館にブラジル人サッカー選手を帰国させる支援をせよと指示した。カタールにいるロマーリオは、「危なくなったら帰る」と余裕を見せているが、トルコのイラクとの国境付近で活躍中のヴィオラやほかの選手たちは、「今すぐ帰りたい」と大慌て。選手十五人のうち帰国したのは七人のみ。クラブ側は「帰れば契約破棄として罰金」と帰国を認めず、同国サッカー連盟も選手権大会もキャンセルしないという。「七百メートル先で人が死んでるのに、そんなことしている場合?」とヴィオラは唖然とした。
     ◎
 サンパウロ市ジャグアレー区の埋立地で十八日夜、人骨や壊れた棺桶の破片などが発見された。市警の捜査で二カ月前に、市立ラッパ墓地から同埋立地に捨てられていたことが分かった。市警側は、「遺骨が粗大ゴミ扱いされていた」とし、遺骨などを集めて再度同墓地に収納させる予定でいる。
     ◎
 フォーリャ紙によると、二十日の閣僚会議の終了後、ルーラ大統領がシュラスコ・パーティーを開いた。カラオケもあり、みな大喜び。大統領は、「一日中仕事ばかりではやりきれない。リラックスして友情の絆を深めようではないか」と大好物の肉をほおばった。
     ◎
 消費者保護法の制定から十二年。厳しい経済事情の中、ブラジル人はますます消費者の権利に目覚めてきている。昨年プロコン(消費者保護センター)に寄せられた苦情件数は三十七万七千七百二十六件に上った。権利意識の高い消費者になる第一歩は、苦情を訴えることがいつも割に合うと信じること。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2010年7月1日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年7月1日付け […]
  • 悲願の1千ゴール達成=ロマリオ、史上2人目の偉業2007年5月26日 悲願の1千ゴール達成=ロマリオ、史上2人目の偉業 2007年5月26日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙二十一日】プロサッカーのロマリオ選手(バスコ)が、リオ・デ・ジャネイロ市のサン・ジャヌアリオ球場で行われた対エスポルチ戦でゴールを決め、悲願の通算一〇〇〇ゴールの偉業を成し遂げた。 […]
  • 東西南北2007年3月23日 東西南北 2007年3月23日付け […]
  • 東西南北2007年3月17日 東西南北 2007年3月17日付け  ブッシュ米大統領を囲んでシュラスコ(焼肉パーティー)の席。ブッシュ大統領「サッカーで強いのは、サンパウロかい」。セーラ知事「いいえ、パウメイラです。ルーラ大統領のコリンチアンスも侮れないけどネ」。アモリン外相「強いのは、サントスだヨ」。リオ・グ […]
  • 東西南北2020年5月9日 東西南北  イギリスの雑誌「ランセット」が最新号で、ボウソナロ大統領を「ブラジルのコロナウイルス対策の最大の脅威」と呼んで酷評した。同誌は約200年の歴史を誇り、保健関係では世界的な権威だ。大統領は過去に米国やイタリアの新聞でも酷評されている。そんな最中、大統領は今週末、約30人の来客を […]