ホーム | 日系社会ニュース | 岐阜県サッカー選抜 SPFCと親善試合=中・高校生よく健闘=ゼーセルジオ氏の指導受ける

岐阜県サッカー選抜 SPFCと親善試合=中・高校生よく健闘=ゼーセルジオ氏の指導受ける

3月26日(水)

 岐阜県サッカー協会岐阜選抜チーム(土本泰代表)は二十二日午後二時から、バルエリ市にあるトレーニングセンターでサンパウロFC(十五歳以下の部)と交流試合を行った。
 同県選抜チームは八十人の参加希望者の中から、選りすぐられた二十人の中学三年生と高校一年生で構成されている。
 選手たちは十六日に来伯し、ゼーセルジオ・トレーニングセンターでゼーセルジオコーチによるクリニックや指導を受け、すでにプリマヴェーラFC、サン・カエターノ、グアラニーFCと交流試合を行った。
 試合結果は全て敗北に終わっているが、市川重明監督は、「ブラジル人選手の試合に対する姿勢やボールへの執着心から何かを学んでくれれば」と話す。
 サンパウロFCとの試合は前半に一点、後半に二点を入れられるという残念な結果に終わったが、選抜チームの健闘には関係者から拍手が送られた。
 昨年も選抜チームとして来伯し、今回二回目の参加となる栗本幸治君(十六)と高田樹宜(たつのり)君(十六)は試合後、「サンパウロFCとの試合を一番楽しみにしていた」とやや興奮気味に話し、「やはり、玉際が強い。キープされたら取れない」などとブラジル人選手の技術に圧倒された様子だった。
 ゼーセルジオコーチによる練習では「フォーメーションの練習やブラジル独特の体操などが勉強になった」と多くの事を学んだようだ。
 試合で審判としてグランドに立った土本代表は去年までJリーグの審判員も務め、岐阜サッカー協会の審判委員会の委員長でもある。
 「今回のメンバーは将来、岐阜県の代表となるべき選手たち。身体的な違いを認識し、異なった環境での試合経験を通してモチベーションを高め、世界を目指して欲しい」などと話した。
 選手たちは試合後、同日夜にモルンビースタジアムで行われたサンパウロ州選手権の試合を観戦した。
 二十三日にはリオ・デ・ジャネイロに向かい、リオ市内やマラカナンスタジアムを見学した後、フルミネンセでサッカークリニックなどを受け、二十七日帰国する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2012年11月17日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年11月17日付け […]
  • 東西南北2020年3月26日 東西南北  ボウソナロ大統領が24日夜に行った政見放送は、政界や国民のみならず、保健・医療、科学などの分野の専門家からも反感を買い、25日には諸団体が一斉に抗議声明を出した。代表例を挙げると、国家保健審議会、ブラジル感染症学会、ブラジル公衆衛生協会、サンパウロ州医師協会、ブラジル腫瘍外科 […]
  • 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供2020年3月24日 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供  ブラジルでは現在、新型コロナウイルスの感染が広がっており、国内全域でプロサッカーの公式戦が中断され、リベルタドーレス杯などの国際大会や、カタールW杯南米地区予選も延期が発表された。  試合がない中、選手の体力や試合勘を落とさないよう、トレーニングだけでも行いたいところだが、 […]
  • 東西南北2020年3月11日 東西南北  米国滞在中のボウソナロ大統領は9日、マイアミでのイベントで、「2018年の大統領選は本当なら一次投票で当選していた」と語った。ここでは、予算案をめぐっての連邦議会に対する不満も語られたが、15日の反議会、最高裁デモをよほど煽りたいのか、「18年の選挙では不正があった。証拠なら […]
  • サンパウロ市カーニバル=今夜からSPグループのパレード=主要エスコーラの見どころは?=マンシャの2年連覇なるか2020年2月21日 サンパウロ市カーニバル=今夜からSPグループのパレード=主要エスコーラの見どころは?=マンシャの2年連覇なるか  今日21日夜から明日22日未明と22日夜~23日未明にかけて、サンパウロ市北部アニェンビのサンボードロモで、サンパウロ市カーニバルのSPグループによるデスフィーレ(パレード)が行われる。この模様はグローボ局で生中継されるが、今年の注目エスコーラのエンレド(テーマ)は次 […]