ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

6月10日(火)

 大聖市圏リオ・グランデ・ダ・セーラ市のラモン・ヴェラスケス市長(PT、三九)が七日夜、自分を殺そうとした男を車でひいた。市長によると、ロンバーダでスピードを落とした時、覆面を被った男に銃を向けられたという。市長は慌てて男をひき、そのまま警察署へ直行。「バックミラーで覆面男を助けたもう一人の男を見た」とも証言している。市長は、前同市長殺害事件の犯人とされる元市議の婿。選挙中以外、脅迫されたことはないと話している。
     ◎
 サントス港で二十人ぐらいのグループが七日朝、香港から輸入した〃ADIDAS〃印のスニーカー(テニス)一万八千足を盗んだ。犯人らはトラック二台を横付けにし、コンテナーから盗品を抜き出した。空のコンテナーに、警備員六人を押し込んだ。犯行規模の大きさでは初めてなので、警察はグループの推定ができないようだ。盗品が市場に出てから足跡を手繰るといっている。
     ◎
 大聖市圏フランコ・ダ・ロッシャ市で六日午後一時ごろ、十一歳の少年が包丁でまま母を刺して死なせる事件があった。まま母は三歳になる自分の子(女の子)が、足が汚れたまま家に入ったという理由で、ゴムぞうりでたたいていた。少年は「たたくのをやめないと殺す」と言って、犯行に及んだ。父親は北東伯におり、事件をまだ知らない。
     ◎
 Febem(少年院と少年刑務所の合体した施設)と民間企業の共同企画の一環として、マクドナルドが千人に上る収容者を訓練し、店で販売員として雇うことになった。同計画は八日、リベイロン・プレット市でアウキミン聖州知事の出席する中で実施に入った。収容者は時給一・四八レアル、月に約二百五十レアルを報酬として受け取る。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ