ホーム | 日系社会ニュース | 懐かしや、45年前の船内新聞=娯楽行事や寄港地情報=58年9月神戸出港 ぶらじる丸で発行

懐かしや、45年前の船内新聞=娯楽行事や寄港地情報=58年9月神戸出港 ぶらじる丸で発行

6月10日(火)

 羽田宗義・愛知県人会名誉会長(元県連会長)の元で、「ぶらじる丸新聞」のコピーが見つかった。同移民船は一九五八年九月六日に神戸港を出港、翌十月十二日にサントス港に接岸した。羽田名誉会長は、「約四十日の航海中には様々な出来事があった。これ(船内新聞)は生き字引のようなもの」と、懐かしむ。今年は渡伯四十五周年の節目の年でもある。船内生活はいかなるものだったのかー。
 「ぶらじる丸新聞」は謄写版刷り。創刊号(九月九日)は、「故国を離れて既に三日。幸い横浜出帆以来、海上平静に船は一路北太平洋を東に向かって快走しています」との書き出しで始まる。
 続いて、「教養文化の向上を図り、船内共同生活の和合に寄与されん事を祈ってやみません」と、発刊の意図を記す。神澤柳洲船長、高島辰雄輸送監督の祝いの言葉もある。
 羽田名誉会長によると、三日に一部ほどの割合で発行。同名誉会長のほか、橋元善二郎さん、跡部一博さんら数人が新聞班を組んだ。深夜の一時二時まで、仕事が終わらない日もあったという。
 第六号(九月二十四日)は文芸娯楽版。「甲板でキス騒ぎ」との見出しで、パン食い競争中にパンが強風で宙に浮き、それを取り合った男性同士が〃口づけ〃を交わすことになった珍事が紹介されている。
 パナマ運河を通過後、クリストバルで初めて上陸が許された。新聞班は寄港前に特別号(九月二十三日)を企画して、運河の歴史や仕組みを説明。「上陸券を紛失しないこと」、「夜間の外出をしないこと」など、クリストバル上陸に際しての注意点を挙げた。
 このほか、船内では再渡航者を囲んでの座談会、赤道祭、のど自慢大会など多くの行事が行われた。
 号数を重ねるごとに、幅広い内容を取り挙げていった。
 羽田名誉名誉会長は、「同船者会は渡伯後、一回開かれただけで編集仲間との付き合いはもうない」と、語り、渡伯四十五周年を機に旧交を温めたいようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2003年8月20日 日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第4回=広島県人会=神楽舞への情熱衰えず=高齢化も女性の活躍目立つ 8月20日(水)  広島県北部の神楽舞は約八百五十年前、島根県石見地方から伝わったとされる。当時、島根と広島の県境に位置する広島県山県郡にあった「たたら製鉄所」で、石見の職人らが地元の若者に教えたのがはじまりだ。備後地方では中国から伝来した神楽が定着したのに対し、石見 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 今週末の催し2003年3月7日 今週末の催し 3月7日(金) 土曜日  名画友の会鑑賞会「父ありき」「若草物語」(米画)、八日午後〇時半、老ク連センター。      □  藤井香織フルート・アンサンブル公演、八日午後四時、マクソウド・プラザ・ホテル。入場無料。      □ […]
  • 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ2017年5月24日 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ  琉球民謡保存会ブラジル支部(城間伸明(のぶひろ)会長)は、『第10回琉球民謡の祭典』を28日午後13時から、同県人会会館(Rua Tomas de Lima, 72, […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]