ホーム | 日系社会ニュース | 日伯両国で徴兵された菅さん=保存されている「赤紙」=終戦直前、山口で=帰国後は義務兵役

日伯両国で徴兵された菅さん=保存されている「赤紙」=終戦直前、山口で=帰国後は義務兵役

6月12日(木)

 カーザ・ポルトガル(聖市リベルダーデ区)の真向かいに日系人経営のガラス細工の販売店が店を構える。陸軍からの召集令状が額に入れられて、大切に保存されている。ブラジル軍のものではなく、日本軍の発行した〃赤紙〃だ。持ち主の菅貫太さん(二世、七七)は幼いころ、学問を積むため、父祖の国に向かった。太平洋戦争が一九四一年に勃発、終戦間際に徴兵された。
 身長は百六十五センチだが、がっしりとした体格で身長以上に大柄に見える。相手を威圧するような鋭い視線に、初対面の人はひるんでしまうだろう。
 一九二六年生まれ。両親は聖市サンタセシリア区で家具の製造販売を生業としていた。
 日本人の子だから日本で勉強させたいと、父親が強く希望。三六年、姉(当時十一歳)と二人で山口県豊浦郡豊北町の祖父母の元に移った。翌年、日中戦争が開戦した。
 十歳だったが、日本語が片言しか話せなかったため、尋常小学校二年に編入することになった。級友からは〃外人〃と呼ばれ、イジメも受けたという。
 「通信簿も『番外』とされ、正式な生徒とは認められていなかった」。
 ブラジル生まれだったこともあり、日本の戸籍に入っていなかった。
 軍国主義が深まっていく中、〃外人〃に対する世間の風当たりも強くなるばかり。四三年に入籍、はれて〃日本人〃になった。
 と同時に、兵役義務も負うことに。そして、四五年七月に、召集令状が届いた。広島市中國第一二一部隊への入隊が決まった。
 部隊への到着指定日時は八月十七日十四時。が、原子爆弾が同月六日に、広島市に投下され、入隊二日前の十五日、終戦を迎えた。
 戦地に赴くことはなかったものの、緊急呼び出しがあり広島市で救援作業に当たった。
 戦後、間もなく帰国した。ブラジルでの徴兵年齢に達していたので、軍務についた。
 ポルトガル語をほとんど忘れており、国歌すら歌えなかった。将校に咎められて、強制的に覚えさせられた。
 「旧制中学で、上級生は下級生に暴力を振うし、将校が学校に来ては、行進の仕方や銃の使い方を指導した。日本の学校の方が厳しかった」。
 両親とは、十四年ぶりの再会だった。太平洋戦争で、ブラジルは連合国側につき、日本と国交を断絶した。そのため、両親との音信は途絶えていた。
 徴兵されたことについて、「特に考えもしなかった」と、振り返るだけで、多くを語らない。
 寡黙を貫くだけに、ブラジル日系二世として、複雑な思いがあったように思えてならない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2003年3月11日 満場のフルート公演=カラフルな音色で会場魅了 3月11日(火)  藤井香織さんたち四人によるフルート・アンサンブル公演が八日午後四時から、聖市内のマクソードプラザ・ホテル劇場で開かれた。四百二十席の会場がほぼ満席となった。 […]
  • 2003年5月1日 週日ダンスパーティ=老ク連の教室の成果 5月1日(木)  ブラジル日系老人クラブ連合会(重岡康人会長)は、毎週正午から午後四時まで同会サロンで、社交ダンス教室を催している。午後二時に休憩し、午後三時半からは、カラオケダンスを行う。会費は、四レアル。 […]
  • 2003年3月12日 小田さん和太鼓指導=ばつ握るマリンガの子供 3月12日(水)  JICAシニアボランティアの小田幸久さんがこのほど、マリンガ文協サロンで和太鼓の指導をした。十三から十五歳の子どもたちを中心に約三十人が講習を受けた。子どもたちにとって和太鼓の本格的な練習は初めてとあって、みんな真剣なまなざしで太鼓のばちを握ってい […]
  • 2003年5月31日 日伯文化連盟=上原会長が辞職=文協会長に専念 5月31日(土)  上原幸啓文協会長は、日伯文化連盟の会長職を今月限りで退き、六月から文協会長に専念することに決まった。すでに同連盟理事会でも承認されており、同様に伝田英二、松尾治の両文協副会長も同連盟理事を辞職する。 […]
  • 2003年6月6日 スプリングス1勝2敗=サロンパスカップ 決勝進出ならず 6月6日(金)  ブラジルバレーボール連盟主催、久光製薬(株)スポンサーの第三回サロンパスカップが開幕し、現在決勝リーグが行われている。五月三十一日から、ジョンペッソア市とナタール市を会場に熱戦が続いている。大会は、MRV、カンポス、ピニェイロス、ブラジル選抜ジュニア […]