ホーム | 日系社会ニュース | リ杯決勝戦第2戦=世界中継 注目の一戦=2005年までトヨタ主催

リ杯決勝戦第2戦=世界中継 注目の一戦=2005年までトヨタ主催

7月2日(水)

 二日に聖市モルンビー競技場で予定されるリベルタドーレス杯決勝第二戦を前に、主催するトヨタ自動車は一日、ジャルジンス区のホテルでサントスとボカ・ジュニオールスの関係者を迎え記者会見を行った。
 南米では最も名誉ある同杯の決勝戦だけに、会場には南米各国だけでなく、欧州のメディアも来場した。
 一九九八年から、同杯を主催するトヨタ自動車からは、トヨタメルコスルの岡部裕之社長が出席。「リベルタドーレス杯は世界でも最も重要な大会の一つ。スポンサーを務められることを誇りに思う」などと挨拶した。また、同社は二〇〇五年まで、スポンサー契約を延長したことを明らかにするとともに、南米の十一カ国を対象に二万個のサッカーボールを寄贈するなど、サッカーを通じた社会貢献にも力を入れている、と強調した。
 南米サッカー連盟のニコラス・レオス会長は、南米を代表する二大クラブが、四十年ぶりに対戦することについて「明日の試合は世界中に放映される。見応えのある偉大な試合になるだろう」と好ゲームを期待した。
 四十年ぶりに決勝を争う両チームはすでに六月二十五日にボカが二対〇で先勝。二日、モルンビー競技場である二戦目でボカが引き分けるか、一点差以内の敗北でもボカの優勝が決まる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]
  • 《ブラジルサッカー》25チームの大口スポンサーだった国営銀行が撤退=重要な収入源を失い、困惑の各チーム2019年1月10日 《ブラジルサッカー》25チームの大口スポンサーだった国営銀行が撤退=重要な収入源を失い、困惑の各チーム  昨年のサッカー全国選手権1部、2部あわせて40チーム中、25チームのスポンサーとなっていた、ブラジルの国営銀行CAIXAが、今年はどのチームともスポンサー契約を更新しないと発表。多くのチームは新規スポンサー探しに苦労している。  CAIXAは、最も広告効果の高い、ユ […]
  • 東西南北2017年3月11日 東西南北  サンパウロ市交通公社(CET)が9日に、1、2月にチエテ、ピニェイロスの両マルジナルで起きた交通事故の数を発表した。ドリア市政になって自動車の制限速度が緩和されて以来、初めての統計となったが、それによると、死者の出た交通事故はこの2カ月間に102件発生したという。昨年同期は5 […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 東西南北2016年2月2日 東西南北  第22次ラヴァ・ジャット作戦以降、ルーラ前大統領に関する報道が過熱の様相を見せつつある。既にラヴァ・ジャット作戦が動きはじめたグアルジャー三層高級住宅のOAS改修供与問題の一方で、まだ事件には発展していないもののアチバイア別荘がオデブレヒトと共に騒がれはじめた。それに加えて、 […]