ホーム | 日系社会ニュース | アメリカ日系3世カレン・ヤマシタがポ語版出版=元々の言語に〝翻訳〟=華麗なる文化交錯の世界

アメリカ日系3世カレン・ヤマシタがポ語版出版=元々の言語に〝翻訳〟=華麗なる文化交錯の世界

8月2日(土)

 「matacao(「丸石」の意=主人公・日本移民青年の苗字もイシマル)というポ語題名も最初から考えていた。今回、ポ語版を読んでみたら、まるで元々の言語に〃翻訳〃されたような感じでした」。ヤマシタの言葉は、日本語・英語・ポ語が交錯する独特の比喩に満ちている。
 七月二十九日午後七時から国際交流基金日本文化センターで行われた『Matacao, uma lenda tropical』(zipango社、二十五レアル)出版記念座談会で、アメリカ日系三世である著者カレン・テイ・ヤマシタの口から、いろいろな著作秘話が披露された。百人以上が集まり、会場には立ち見まで。
 原本は英語で、四刷まで発行されているロングセラー。すでに日本語版『熱帯雨林の彼方へ』(白水社)も出版され、高い評価を得た。ブラジルへ移住した日本人青年が織り成す不思議なフィクションで、サンパウロ市に九年という著者体験が大きく反映されている。
 一九七五年に彼女は日本移民を人類学的に調査するためにブラジルへ来て、東洋人街の隣、ベラ・ヴィスタ区に住みついた。「私の祖父は一九〇〇年頃に移住したから、私は三世。でもブラジルで出会った日系同年代はみな、二世だった。まるで私の親のように、コミュニティはどうあるべきかとか、その将来を心配していた」と奇妙に感じた。
 「でも、ここのコミュニティはとても温かく、心地良かった。アメリカのそれはもっと乾いた、堅い感じがします」
 翻訳を担当したクリスチーナ・ステーヴェンスさんは「一言で言えば〃美味な叡智〃でしょうか。とっても刺激的な体験でした。普通の翻訳とは違って、ポ語を意識した英語を本来のポ語に戻す、という感じかしら。しかも、そこには日本的な叡智に溢れている」と興奮した面持ちで吐露する。
 「例えば英語の原文にもSaudadeはそのまま使われている。翻訳不可能な言葉ですよね、実際」
 ロサンゼルス、東京、サンパウロ。世界有数の巨大かつ多文化が交錯した都市群を住み歩いた著者が、処女作舞台に選んだのはブラジル。「八四年、九年ぶりにロスへ戻った時は、色々なものが変わっていて、生まれた場所で〃移民〃になった気分でした」。
 本書ポ語版についての問い合わせはzipango社(村山サンドラ=011・3082・4188)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 巨匠の名歌に命吹き込む=伯日音楽師弟の挑戦2017年10月28日 巨匠の名歌に命吹き込む=伯日音楽師弟の挑戦  1940~50年代のブラジル音楽界を代表する作曲家、アリ・バホーゾとドリヴァル・カイミ。二人の残した数々の名歌を、サックス奏者でサンパウロ州立音楽院講師のアレシャンドレ・ソウザさん(43)が、独自のアレンジを加え、生まれ変わらしている。  6日、第2回演奏会『Ary […]