fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 福祉センター移転委を設置=援協=年内の開所めざす

福祉センター移転委を設置=援協=年内の開所めざす

ニッケイ新聞 2009年10月16日付け

 サンパウロ日伯援護協会(森口イナシオ会長)は9月24日昼に行われた9月定例役員会の中で、社会福祉センターの移転委員会を設置した。
 メンバーは菊地義治、加藤英世両副会長、山下忠男専任理事、毛利連常任理事、紫牟田寛理事、大竹芳信理事、中林カルロス日伯友好病院企画部員、具志堅茂信事務局長、笠原定尚事務局次長の9人。山下専任理事が発表し、拍手で決定した。
 同センターの建物は10月1日、予定通り戸田建設から引き渡された。援協では今後、年末の開所に向けて家具や医療機器の設置、現在文協5階にある事務局本部の移転などを行う。
 また会議の冒頭で、森口会長は「援協も何かしなくてはならない」とデカセギ帰伯問題について触れ、「労働局が、日系社会と一緒に何かできないかという話を持ちかけてきている」とし、「援協がプロジェクトの代表機関となる話がある」と話し、協力を呼びかけた。
     ◎
 9月23日付け本紙で掲載した日伯友好病院イタケーラ診療所開設の記事で、援協広報担当は「ナターリア・ゴメス・サントス・エルナンデス所長」と回答していたが、同定例役員会で坂和三郎副会長から「所長ではなく責任者」であることが報告された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「サンパウロ市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っ […]
  • 福祉センターに26万ドル=援協=日本財団から助成金決定=名誉市民権受章の吉報も2009年8月5日 福祉センターに26万ドル=援協=日本財団から助成金決定=名誉市民権受章の吉報も ニッケイ新聞 2009年8月5日付け […]
  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]