ホーム | 日系社会ニュース | 県連「ふるさと巡り」=バス増便で空席あり

県連「ふるさと巡り」=バス増便で空席あり

8月21日(木)

 ブラジル各地に点在する日系人の拠点を訪問し、交流を深める「ふるさと巡り」を主催するブラジル日本都道府県人会連合会では、申込者が多いことからバスを二台から三台に増便。「まだ残席があるので是非、参加を」と呼びかけている。
 十八回目となる今回は、南マット・グロッソ州やパラグアイ国境のペドロ・ファン・カバレイロスなどを巡り、九月二十五日から十月二日までの日程となる。すでに七十人近い申し込みがあることから、県連では急遽、バスを増便。定員には二十人ほどの余裕があるという。
 費用は一五六〇レアルで、分割払いも可。申し込み・問い合わせはサクラ観光(11・3208・6688)へ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • CKC=日系農協と進出企業の連携を=食品企業招き商談の場に=南米各国から過去最多70人2016年7月20日 CKC=日系農協と進出企業の連携を=食品企業招き商談の場に=南米各国から過去最多70人  中央開発コーポレーション(以下CKC、本社・東京)は12日、サンパウロ市の宮城県人会館で「第1回日系農業者団体連携強化会議」を行った。これは日本農林水産省による「中南米日系農業者連携交流委託事業」の一環で、来年度までの5年間実施されているもの。ブラジル各地を始めパラグアイ、ボ […]
  • 母県との絆育み55年=兵庫県人会が節目祝う=井戸知事ら80人超来伯=パラナ州提携45周年も2015年8月27日 母県との絆育み55年=兵庫県人会が節目祝う=井戸知事ら80人超来伯=パラナ州提携45周年も  兵庫県―パラナ州が姉妹提携45周年を迎えた今年、ブラジル兵庫県人会(松下瞳マルリ会長)も創立55周年を迎え、23日に北海道協会で記念式典を開いた。初の二世会長による新体制で最初の創立記念イベント。20年間会長を務め、今年3月に勇退した尾西貞夫さんも実行委員長として運営を支えた […]
  • 練習艦隊で訪伯後、米国移住=移民への感謝語る橋さん=北南米の自転車一人旅も2016年6月15日 練習艦隊で訪伯後、米国移住=移民への感謝語る橋さん=北南米の自転車一人旅も  「日本移民が築いた信頼のおかげで、一人旅でも南米で人々に受入れてもらえた」―そう語るのは70年代に北南米を自転車で旅した橋勝雄さん(71、東京都)。海上自衛隊に入隊し、遠洋航海で初来伯。その後、米国に移住し、現在はロサンゼルスで庭園業を行う。「とにかく日本を出て広い世界を見た […]
  • 左から兵庫県人会の尾西貞夫前会長、山下さん、彌城さん2015年6月27日 兵庫県伯事務所=県庁派遣の新所長が就任=山下亮さんは引退へ  パラナ州にある兵庫県ブラジル事務所の山下亮(まこと)所長が退職するにあたり、副所長の彌城正嗣さん(60、兵庫県淡路市)が来年4月新所長に着任する予定、知事来伯や進出企業の支援に向けて意気込んでいる。 現地採用で長年所長を務めた山下さんは、「もう自分は老体なのでゆっくりする […]
  • パラグアイ=ピラポ岩手県人会が55周年=4国の県系人で節目祝う2015年8月14日 パラグアイ=ピラポ岩手県人会が55周年=4国の県系人で節目祝う  パラグアイ・ピラポ移住地の岩手県人会(工藤好雄会長)が7月31日午後、創立55周年記念式典を行なった。冬晴れの中、同移住地の富美村公民館前競技場には首都アスンシオンやイグアスー移住地、在エンカルナシオン領事事務所、伯亜両国県人会からの来賓含め、約150人が祝福に訪れた。  […]