ホーム | 日系社会ニュース | 施設利用者、費用払えずー昨年職員削減―APAE経営厳しく

施設利用者、費用払えずー昨年職員削減―APAE経営厳しく

10月7日(火)

 社会福祉法人APAE(障害者父母友の会)は、六一年にリオ州で、障害児を持つ四家族の父母によって設立された。その後、七六年に、サンパウロでもAPAEサンパウロがつくられ、現在では障害者福祉施設として全国に広がる。一日、ヴィラ・クレメンチーノ区にあるAPAEの現場を見た。
 「APAEは現在大変苦しい状況にある。日系社会からの支援もお願いしたい」。ボランティア指導員のマリア・リージアさんはそう求めた。
 ヴィラ・クレメンチーノ区のAPAEは、利用者千五百四十六人、職員数四百人、ボランティア約三百四十人で運営する。生後三カ月から、成人男性までの知的障害者が主な利用者。滞在施設はなく、通所が中心になる。
 白地に青い横線が入った、色鮮やかな建物―。施設は、瀟洒なマンションを思わせる作りだ。内装も、清潔感があふれており、管理が行き届いていることを実感する。
 「ここはブラジルでも最高の設備を誇る。プロジェクトなども進行し、全国の教育センターにもなっている」とは、前出のマリアさん。施設内には、乳児の知的障害判定検査所から診療所はもちろん、四歳から十六歳までの障害児学校、成人のための授産施設がある。訪れた日には、授産施設で自転車の車輪を製造していた。
 注目すべきは、付き添いで訪れた、父母のための施設。ボランティアが、手芸やヨガ、ピアノなどを父母に講義し、気分転換を図っている。
 「ここでは、幼児から成人に至るまで面倒をみる。しかし、最近はなるべく社会進出させる方針に変えている」と変化が見られる。昨年は二百五十人の利用者を、社会に送り出した。一年間は、APAEが研修生として派遣しながら面倒を見る。
 「研修生時は最低賃金だが、採用となれば正社員なみの給料を受け取れる。工場のライン作業などは、健常者よりも優れている場合もある」とマリアさんは明かす。
 あるボランティアによると「利用費用は月額約五百レアルだが、全額を支払っているのは一人。一部を支払っているものが三〇%で、七〇%が未納入」と苦々しげ。昨年度に、経費削減のため、二五%の正職員を減らした。一方で、「授産施設で働く、子どもの収入が家計を支えている場合が殆ど」と家族の内情は厳しい。
 APAEはサンパウロ州からの補助金、企業からの寄付金とバザーが収入源。二五%の収入を支えていた、乳幼児の知的障害児判定の検査が減少。州内でも七カ所の、施設で検査が可能になったことが背景にある。
 転換点を迎えたAPAE―。日系社会からの支援が求められている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》ドリア知事も初回ワクチン接種=接種第1号のモニカ氏の手で2021年5月12日 《サンパウロ州》ドリア知事も初回ワクチン接種=接種第1号のモニカ氏の手で  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事が7日、ブラジルで最初に新型コロナのワクチン接種を受けた看護婦のモニカ・カラザンス氏の手で、初回のワクチン接種を受けたと7日付G1サイト、R7サイトなどが報じた。  同知事が接種を受けたワクチンは、同知事自身が導入に努め、中国のシノ […]
  • 《ブラジル》東京五輪出場選手らにワクチン接種開始=約1800人が対象に2021年5月12日 《ブラジル》東京五輪出場選手らにワクチン接種開始=約1800人が対象に  11日、保健省は東京オリンピック・パラリンピックに出場する選手や監督などの関係者全員に、新型コロナのワクチン接種を行うことを正式に発表した。11日付現地サイトが報じている。  この件に関する記者会見は11日に行われた。マルセロ・ケイロガ保健相はこの席で、「選手たちに […]
  • 《ブラジル》国家衛生監督庁が妊婦への接種中止を要請=サンパウロ州など即時停止2021年5月12日 《ブラジル》国家衛生監督庁が妊婦への接種中止を要請=サンパウロ州など即時停止  国家衛生監督庁(Anvisa)が10日夜、持病のある妊婦へのオックスフォード・ワクチンの接種を即刻中止するよう要請する文書を発行、複数の州が一時停止を決めたと10、11日付現地サイトが報じた。  同庁の要請はオックスフォード・ワクチンの使用説明書に従ったもので、国内 […]
  • 東西南北2021年5月12日 東西南北  10日、サンパウロ市ベラ・ヴィスタ区で、3歳の男の子が壁に打ち付けられて死亡する事件が起きた。容疑者と見られる少年の母親は茫然自失の状態でシャワーを浴びており、精神科の救急外来に入院した。同居していた祖母によると、少年は彼女と共にテレビを見ていた。だが、午前9時頃、台所にいた […]
  • NCC=鴨井ルーベンス氏が新会長に=前任者方針を継承、課題熟知=日系最大のスポーツクララブ2021年5月12日 NCC=鴨井ルーベンス氏が新会長に=前任者方針を継承、課題熟知=日系最大のスポーツクララブ  サンパウロ州アルジャ市にある日系最大のスポーツクラブ、ニッポン・カントリークラブ(佐々木ヴァルテル会長、以下NCC)は4月25日に総会を開催し、12年間会長を務めた佐々木氏が勇退し、鴨井春海ルーベンス氏(62歳)が新会長に就任した。単一シャッパで24年までの新理事会が […]