ホーム | 日系社会ニュース | イタケーラ区=日系2人を殺害=車両強盗の仕業か=平和運動家=オオタ氏の従兄弟=親族で計四人も被害

イタケーラ区=日系2人を殺害=車両強盗の仕業か=平和運動家=オオタ氏の従兄弟=親族で計四人も被害

10月7日(火)

 [既報関連]サンパウロ市東部のイタケーラで五日夜、不動産業、マリオ・オオタさん(六三)と情報処理アナリスト、マルコス・タミオ・サイトウさん(四一)が車両強盗に遭い、銃で打たれて死亡した。警察によると、マリオさんは、一九九七年に息子、イヴェス・ヨシアキさんを誘拐殺害され、その後、暴力撲滅運動団体を設立した企業家、マサタカ・オオタさんのいとこという。六日付、フォーリャ・オンライン、グローボ・ニュース・オンラインがそれぞれ報じている。

 事件は五日午後七時すぎ、イタケーラ区ジョゼー・ラマジーニ街九一のマリオさん宅前で発生した。マルコスさんは妻、シレーネ・オオタさん(三四)とともに、シレーネさんの父親であるマリオさんを訪問、シレーネさんが家の中に入った時、マリオさんとマルコスさんは家の外にいた。しばらくして、屋外で騒がしい音が聞こえたため、シレーネさんが家の外に出たところ、シレーネさんの愛車、アストラ・プレットは持ち去られた後で、マリオさんとマルコスさんが銃弾を受け倒れていたという。
 軍警第二大隊第五師団の警察官らがマリオさんを、近隣の住民らがマルコスさんをプラナウト救急病院に運んだが、二人は帰らぬ人となった。シレーネさんは誰が強盗を働き、また、二人を殺害したかを確認できなかったが、警察は強盗殺人事件として記録した。
 市民警察によると、マリオさんのいとこは企業家、マサタカ・オオタさん。マサタカさんは九七年八月、当時八歳の息子、イヴェスさんを自営していた店舗の使用人と連邦警察官二人に誘拐殺害され、その後、市民団体「モヴィメント・パース・イ・ジュスチッサ・イヴェス・オオタ(平和と正義を求める運動)」を設立、暴力反対を訴えていた。
 オオタさん一家は、同事件以外にも今年一月、親戚の企業家、ミウトン・ハツミ・タクシさん(三五)が誘拐事件に巻き込まれるなど災難が続いていた。ミウトンさんはイタケーラ区のバーで友人と一緒にいたところを誘拐され、三日間、パラーダ・XV区に監禁された。ミルトンさんは匿名の告発により、軍警に助けられた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロで同性愛者らに対する犯罪増加=17日は反LGBT嫌悪の日2018年5月18日 サンパウロで同性愛者らに対する犯罪増加=17日は反LGBT嫌悪の日  17日は世界反LGBT嫌悪の日(国際反ホモフォビアの日)で、同性愛者や両性愛者、性転換者、性や服装倒錯者に対する差別に反対を訴える日だったが、この日に報じられた報道によると、サンパウロ大都市圏では、LGBTに対する犯罪件数が上がったという。  この日にグローボ局が報じたテレ […]
  • サンパウロ市=2日で3件の女性殺害=夫や元夫による犯行続く2017年8月23日 サンパウロ市=2日で3件の女性殺害=夫や元夫による犯行続く  サンパウロ市中央部で21日午後、軍警が7歳の息子の前で元妻を殺した後、子供を連れて逃げたが、警察に自首するという事件が起きた。同日は同市南部や北部でも男性が伴侶を殺す事件が起きており、20日朝からの2日間で女性4人が現在または元の伴侶に殺された事になると22日付現地紙サイトが […]
  • 《ブラジル》〝マスコミの犯罪〟Eバーゼ冤罪事件2017年4月4日 《ブラジル》〝マスコミの犯罪〟Eバーゼ冤罪事件  サンパウロ市で90年代前半からジャーナリストをしていた者にとって、気が重い本が出版される。『Escola Base』(Emílio Coutinho, Editora Casa […]
  • 東西南北2016年11月15日 東西南北  サンパウロ州保安局が発表した最新データによると、今年の1月から9月において、サンパウロ市での殺人事件で軍警によって殺害された人の数は287人だった。同期間中に殺人事件で亡くなった人の総数は923人なので、およそ10人中3人が軍警によって殺されている計算となる。同市の過去のデー […]
  • 殺人か、自殺か―犯罪大国と自殺大国の悲しい比較2016年3月15日 殺人か、自殺か―犯罪大国と自殺大国の悲しい比較  地理的な位置条件、勤勉性、ウソの是非に関する考え方など、日本とブラジルはいろいろな意味で逆だが、先日ニューズウイーク日本版サイト(www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/07/post-3779.php)を見ていて、もう一つ加わった▼昨 […]