ホーム | 日系社会ニュース | 「海往かば」に感動の涙=靖国講春季慰霊祭で斉唱

「海往かば」に感動の涙=靖国講春季慰霊祭で斉唱

10月23日(木)

 サンパウロ靖国講(松原寿一講元)主催の第四十九回靖国春季慰霊祭が十九日、「海往かば」の荘厳な歌声のもと、リベルダーデ区の東洋会館で開かれた。
 松本まさお総務の司会で進められた慰霊祭は、日伯両国国歌で始まり、続木義夫、山口義輝、井上康文、柳沢猛さんら四人のネイビークラブ(元海軍の集い)メンバーの指導のもと、「海往かば」が斉唱された。
 典儀では上妻博彦斎主、加藤伸一氏によって進行、上妻斎主の祝詞奏上、松原サンパウロ講元および西国吉晴プロミッソン講元の祭文捧読に続いて、両講元や島田普遺族代表(ロンドリーナ)ら代表者の玉串拝礼が行なわれた。桂川富夫文協代表、羽田宗義元県連会長、藤堂光義日本会議代表、住田定男ブラジル吟剣連代表、島田遺族代表らが、それぞれ靖国の英霊への思いを込めてあいさつ。出席者全員による玉串拝礼が列をつくって行なわれ、高井多賀志ブラジル・モラルジア会長の発声で高らかに万歳を三唱した。
 典儀後はお神酒が配られ、アトラクションに移った。九段の桜などの吟詠、神楽舞などがあり、特に今回は羽田元県連会長(元陸軍)とネイビークラブの四人(元海軍)の共演による軍歌、軍艦行進曲、同期の桜など六曲が披露された。最後を飾った「海往かば」では、参列者も和唱して感動の涙を流した。その後、ビデオ『天翔る青春 日本を愛した勇士たち、今英霊たちの声』を観賞して散開した。
 第五十回慰霊祭が行なわれる来年は、日系社会のなかにも遺族がおり、また、戦友をしのぶ人が大勢いるため、ますます盛大に開かれそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも2021年5月15日 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも  ブラジル・サッカー協会は14日、6月のW杯南米予選第5、6節に出場する代表選手24人を発表した。14日付現地サイトが報じている。  今回の代表選手は以下のとおりとなった。  《キーパー》アリソン(リバプール)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン( […]
  • 《サンパウロ市》人種差別や大量殺戮批判デモ=奴隷解放令署名日にちなんで2021年5月15日 《サンパウロ市》人種差別や大量殺戮批判デモ=奴隷解放令署名日にちなんで  南米最大の金融街サンパウロ市パウリスタ大通りで13日夜、人種差別や大量殺戮などに対する抗議デモが行われたと同日付現地サイトが報じた。  5月13日は、1888年にペドロ2世の娘のイザベル王女が奴隷制の完全廃止を宣言する「黄金法(Lei […]
  • 《ブラジル》コロナバック=原材料未到着で生産中断=接種計画さらに遅れるか2021年5月15日 《ブラジル》コロナバック=原材料未到着で生産中断=接種計画さらに遅れるか  サンパウロ市ブタンタン研究所のコロナバックの製造が、中国からの有効成分(IFA)の到着遅れで完全に停止した。それにより、コロナワクチンの接種計画の減速などの悪影響が出そうだと、14日付現地サイトが報じている。  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は14日の記者会見で、「良い […]
  • 東西南北2021年5月15日 東西南北  このところ、警察による暴力が再び注目を集めているが、サンパウロ市でも、「正当と呼べるかは微妙」な警察による暴力事件が発生し、話題を呼んでいる。それは今月1日、サンパウロ市南部グラジャウーで、警察官が一般市民の足を縛り、パトカーの中に閉じ込めて殴る蹴るの暴力事件を起こしたことだ […]
  • 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《3》2021年5月15日 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《3》  当時サンパウロ州奥地に入植した日本人移住者で文学を愛好し詩を作った人達があった。その詩の題材に綿花にかんするものが多かった。『日系コロニア文芸』別巻(大浦文雄・ルネ田口氏編)の「人文研研究叢書8号」に紹介された内容によると、横田恭平・丁未子・堀田野情・別府三郎・中井は […]