ホーム | 日系社会ニュース | 史料館の〝生き字引〟退職=中山さん75歳、定年制で=コツコツと資料の整理=好企画だった特別展

史料館の〝生き字引〟退職=中山さん75歳、定年制で=コツコツと資料の整理=好企画だった特別展

10月24日(金)

 「二一年、おかしいな…」ブラジル独立百年祭を記念して来伯した、南米視察実業団の絵葉書の数字を見て呟いた(正確には二二年)。十七年間資料を見つづけ鍛えたカンが、小さな間違いを自然と探し当てる。積み重ねた経験を感じさせる場面だった。今年から文協は七十歳定年制を導入している。副館長として、移民史料館を支えた中山保巳副館長(七五)が二十三日付けで退職した。
 中山副館長は、チエテ移住地のぺレイラ・バレットに移住、父は自営農だった。昭和五十年頃に、サンパウロに移住し、日伯毎日新聞などで働き、最後はラッパの写真屋に落ち着いた。カラー化されていく業界に見きりを付け、史料館職員募集の記事を邦字紙で発見。八六年九月に採用され、以後、資料の整理や特別展などの主力となって活躍した。各地で開く展示や、「植民地の生活展」「医療機具と衛生展」などの特別展は中山副館長の業績の一つだ。
 史料館には、家族の名簿を探しに来る来訪者が多い。「指をなめながら、何日もかかって名簿を探していた」と大井セリア館長。誠意ある人柄を感じさせる。本人も「本や資料を整理していると、面白くて横道にそれてしまう」と好奇心旺盛な人柄も垣間見られる。
 イビラプエラ・ベテラーノ陸上クラブで、週に一回ほど歩いて健康増進に励んでいる。引退後の予定は「全く考えていない」との回答だが。「また、毎日史料館の宝物を探しに来てください」と勧める大井館長の言葉から、その能力を惜しむ声も強い。
 史料館にある文書資料が三万五千四百八点で、展示されている資料が二千点あまり。「資料の有効活用をはかって欲しい」と漏らす。十七年間の重みを持った言葉だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏2021年5月11日 《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏  サンパウロ市で60~62歳の人への新型コロナの予防接種が始まった6日、同市南部サントアマロ区アドルフォ・ピニェイロ大通りにある特設接種会場、パウロ・エイロー劇場(Teatro Paulo […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 《ブラジル》アラウージョ前外相=クロロキン最優先の外交展開=ワクチン関心なしとF紙報道2021年5月11日 《ブラジル》アラウージョ前外相=クロロキン最優先の外交展開=ワクチン関心なしとF紙報道  3月に辞任した前外相のエルネスト・アラウージョ氏が、コロナウイルスへの効用がないとされるクロロキンの国外からの購入に関し、中心となる役目を担っていた疑惑が浮上した。同氏は上院でのコロナ禍に関する議会調査委員会(CPI)で召喚対象となっている重要人物のひとりだ。10日付 […]
  • 《ブラジル》コロナ死者の減少傾向維持=気になるリオ州の感染者増=ファイザー製ワクチン再配布2021年5月11日 《ブラジル》コロナ死者の減少傾向維持=気になるリオ州の感染者増=ファイザー製ワクチン再配布  新型コロナの死者は7日間の平均が2千人超の状態が50日以上続いている。だが感染学上の第14週(4月4~10日)に週間の死者最多(2万1141人)を記録して以来、4週連続で前週比減を記録し、若干ながら落ち着き始めている。ただし、新たな変異株が確認されたリオ州では感染者が […]
  • 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ2021年5月11日 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ  サンパウロ州政府が7日、新型コロナの予防接種の優先グループに50~54歳で恒常的な障害や慢性疾患を持つ人86万5千人を加えると発表した。  州政府は毎日のように新しいグループを優先接種対象に加えている。10日はダウン症の人、人工透析者、臓器移植後で免疫抑制剤の使用者 […]