ホーム | 日系社会ニュース | 恒例、パウリスタ大通りを美しく=汗を流すー若者たち生き生きと=主催者の願い=「公徳心生れれば」

恒例、パウリスタ大通りを美しく=汗を流すー若者たち生き生きと=主催者の願い=「公徳心生れれば」

10月26日(火)

 [既報関連]「掃除に学ぶ会第八回ブラジル大会」が二十五日にクルビ・ホムスで、二十六日にパウリスタ大通りで開催された。主催は、ブラジルを美しくする会(玉根丈之会長)。
 二十六日の大会には、同会を中心に、パウリスタ・ビーバ(非日系の同大通りの清掃奉仕団体)、アルモニア学生寮ほか、環境団体、企業、学校関係から十数団体、およそ千五百人が参加した。遠くは、モジ・ダス・クルーゼス市、スザノ市からの参加者もあった。七十歳の家族連れから、小さな子どもまで老若男女が掃除で汗を流した。
 午前九時に同ホムスを出発した参加者は、三十二チームに分けられ、チームごとにリーダーの指示に従う。同大通りが中心だが、それを交差する通りは全て掃除範囲だ。各チームは、場所ごとに五から六人の小チームに分かれ、道路のゴミをはく者、そのゴミを袋に入れる者、電信柱のゴミをとる者などにわかれて作業する。リーダーは、あらかじめ現場の下見を行い、細かく仕事を割り振る。今回は、新しい取り組みとして手引きを配布し、作業の徹底を図った。二時間の作業を終えて、午前十一時には、同ホムスに集合し解散した。
 玉根会長は「掃除に来てくれた若者の生き生きとした様子を見ると、やっていて良かったと思う。この経験が、心に残って路上にゴミを捨てることがなくなるのでは」と大会を振り返った。
 同会は、大会の準備に月一回世話人会を行っている。また、第二水曜日午前八時からアクリマソン公園の掃除、第四水曜日には講演会を企画するなどして活動。二年後には、第一回世界大会を予定している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ワイン天国=ブラジル=ソムリエが基礎知識紹介2003年6月13日 ワイン天国=ブラジル=ソムリエが基礎知識紹介 6月13日(金)  【レヴィスタ・ダ・フォーリャ誌】米国とイギリスに次いで、ブラジルは世界中のワイン=二十カ国・約七千種の銘柄=が集まる国だ。 […]
  • 大耳小耳2019年5月3日 大耳小耳  在聖日本国総領事館(野口泰総領事)は「令和」の新天皇陛下ご即位を祝し、1日~5日まで「新天皇陛下の歩み」と題した祝賀動画をジャパン・ハウス(Av. Paulista, […]
  • 東西南北2017年8月4日 東西南北  2日の下院では結局、テメル大統領の告発受理は実現しなかったが、今回もっぱら話題になったのは、投票結果よりも、議会内で起こった議員たちの行為だった。告発受け入れを推進したい野党議員らは、テメル大統領の顔が肖像画となった偽札を議会で投げてばらまいた。一方、受け入れ反対派は、左翼勢 […]
  • 県連故郷巡り ブラジル/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃=第1回=町の角々で歴史つながる2017年10月12日 県連故郷巡り ブラジル/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃=第1回=町の角々で歴史つながる  県連故郷巡りスペシャル「ブラジル・ポルトガル・日本友好の旅」が9月17日から22日までHISブラジル・ツーリズモによって催行され、52人が参加した。山田康夫県連会長は「このツアーは通常、移民の故郷である地方の移住地を回るが、今回は特別版としてポルトガルに決めました。移 […]
  • 車両盗難防止にGPS2004年7月7日 車両盗難防止にGPS 7月7日(水) […]