ホーム | 日系社会ニュース | 要請受け本社も主催に=百周年記念の花火大会

要請受け本社も主催に=百周年記念の花火大会

11月5日(水)

 【既報関連】二〇〇八年六月十八日晩に日本移民百周年を記念して、岐阜新聞・岐阜放送(杉山幹夫社長)主催により、サンパウロ市に再び日本の花火が打ち上げられることになったのは既報の通り。
 十月三十一日に杉山社長からFAXが届き、ニッケイ新聞社にも主催社として協力してほしいとの要請があった。本社の高木ラウル社長はこれを快諾し、サンパウロ新聞社との三社共催となった。
 第一回の〃望郷花火〃大会は、岐阜県人ブラジル移住八十周年を記念した一九九三年十月九日午後八時にUSP構内で打ち上げられた。一時間十五分の間に、二尺玉(二十号)、豪快極まるスターマイン四十基、奇抜な四角い花火や二百メートルにのぼるイグアスの滝花火など、計二千四百発もの音と光の芸術が夜空を飾った。
 第二回は九八年に、同移住八十五周年を記念してサンパウロ・ジョッキークラブで上げられた。
 第三回は岐阜県人ブラジル移住九十五周年、同県人会創立七十周年にもあたり、より盛大な花火大会になると期待されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • 2008年1月1日 新年特集=私の町の鳥居自慢=あるわ、あるわ十基以上=全伯の鳥居を一挙紹介 ニッケイ新聞 2008年1月1日付け  あるわ、あるわ。ブラジルどころかパラグアイにも鳥居はあった。サンパウロ市リベルダーデのガルボン・ブエノ街のそれは日本のシンボルとして、たくさんの日系団体や企業や商店のマークに使われている。そこで編集部では、読者に呼びかけて全伯の鳥居 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]